Pearl in Heart お出かけ
FC2ブログ

布博2019in東京 week2 その2♪

布博2019in東京 week2のレポ、続きです。
前に載せたのはエントランスから左手の方にあるブースでしたが、次は右手のブースを巡ります。

布博2019in東京 week2

糸で絵画を描き出すように、作品を作り出す8_huitさん。
フェルトに刺繍をされているそうで、あたたかくほっこりする作品。
買い手が見つかった作品のところに『おでかけしました』というメモが張られているところに、作家さんの作品への愛情が感じられてとても心が温かくなりました♪

布博2019in東京 week2

イラストレーションの表現手段として刺繍を用いており、針と糸で鉛筆で線を引くように絵の具で色を塗るように描いている奥見伊代さんの作品。
絵画のような細かいステッチを重ねて、表現されている技法が印象的でした。

布博2019in東京 week2

刺繍作家・沼田真央さんが手がけるtamaoさんの作品は、童話の世界から飛び出してきたかのようにユーモラスでファンタジック。まるで絵の具を塗るように刺繍糸の色彩で鮮やかに彩られた作品たちでした。
主な手法にプリントと刺繍を用いて、一点一点インドの刺繍工房の職人と共にハンドメイドで製作しているそう。
他にもたっぷりと刺繍の入ったインドで買い付けた素敵なテープの販売もありました。

布博2019in東京 week2

四季の移ろいの中で感じた自然の美しさを映し出す、マカベアリスさんの刺繍。
人気の作家さんのようで、ポーチやバッグは開場30分で売り切れてしまったそう。
そんなに早く売り切れてしまうくらいみなさんが欲しくなってしまうポーチやバッグ、見てみたかった!
なので、帰宅後早速布博HPで拝見したら、とっても素敵な作品で売り切れも納得でした!

布博2019in東京 week2

刺繍絵本の出版や、日本ヴォーグ社の通信講座『テナライ』でも1講座開いているそうで、やっぱり素敵な刺繍をたくさんの方が「もっと作品を見たい!」とか「自分の手でも作りたい!」と思われているということなんだな~と思いました。

布博2019in東京 week2

ハンガリーに台湾、インドにラオスなど地域を問わず、世界各国から海を超えてやってきた“世界の手仕事”を紹介するBaharさん。
異国情緒たっぷりの各国の刺繍作品が色鮮やかで印象的でした。

布博2019in東京 week2

色のない素材を藍や草木、ハーブで染めるところから始め、染めた素材を刺繍やレース編みなど様々な手法を用いて作品を製作されるVeritecoさん。
自然な草木染めの色合いがとてもやさしい作品で、ブローチが特に気になりました♪

こうして初めて夕方に行ってみた布博、午後だと売り切れの作家さんや作品もあるものの、作家さんともゆっくりお話しできますし、各ブースじっくり拝見もできるので、とっても良かったです。
次回も午後に行ってみようかな~と思ったくらいです♪

素敵な作品を見るだけでも楽しかったんですが・・・やっぱり手ぶらでは帰ることできませんでした(;^_^A

布博2019in東京 week2

各ブースで購入したものを最後に紹介~♪

布博2019in東京 week2

別の階にあった手紙舎手芸店さんでは、陶器の大きめのビーズを買いました。
このビーズ前回の布博では色違いのベージュを購入してヘアゴムにしていますが、やっぱりこのお色も気になったので、今回はこちらを♪

布博2019in東京 week2

ミズイロトシロさんでは透明感たっぷりのオーガンジーとガラス玉を組み合わせたヘアゴムです。

布博2019in東京 week2

そして今回一番勇気出して購入しちゃったもの。
yu-i karさんのヘアカフ付きのヘアゴムです!
これはもうほぼ一目惚れです!
1回目にブースに行ったときには作家さんご本人がいなくて、留守番している方が「もう少ししたら本人戻ってきますよ。この作品をちょうど髪に付けているので、使用している様子も見れますよ」と聞いて、しばらくしてから戻って、実際に作家さんが身に付けられているのを拝見して、ますます気に入ってしまいました~♪
しかも出店は1日のみだそうで、これはもうお持ち帰りだわ♪と購入させていただきました~(^▽^)/

布博2019in東京 week2

ヘアーカフにヘアゴムがくっついてます。

布博2019in東京 week2

ヘアゴムはヘアーカフの内側に隠れるようになっています。

布博2019in東京 week2

でも帰宅途中で気が付きました!
「ん?でも私の髪の長さだとまだかわいく使えないかも!?」
一抹の不安を抱えつつも、翌日まずは一つ結び。
良かった!とりあえずちゃんと結んだ髪がカフから見えました!(笑)
これをもっとかわいらしく使用するために、もう少し髪伸ばそうかな~なんて思ってます♪
フワッとパーマを10年以上ぶりにかけてみるのもいいかも~なんて♪

布博2019in東京 week2

そして最後におやつ♪
手紙舎手芸店さんなどで購入したおやつです。
主に手土産として購入です。
あと写真撮りませんでしたが、町田駅ビルにあるPAULさんでお高いクロワッサンも長男くんがクロワッサン大好物なのでお土産に購入して、急いで帰宅したのでした~♪

行くかどうしようか迷った今回の布博でしたが、やっぱり楽しい!
行って良かったです!
お気に入りの物に出会えますし、自分では思いつかないアイディアや技法、真似できない技術を見ることができると、とってもいい刺激にもなりますね。
また次回の布博のテーマは何かな~と今から楽しみです(^▽^)/

スポンサーサイト

2019/01/27 06:50 | お出かけCOMMENT(2)  TOP

布博2019in東京 week2 その1♪

どうしようか、今回は行くのお休みしちゃおうか、と思いつつも、やっぱり行ってきちゃいました~♪
自宅の荷物を断捨離中で、金曜日用事がありお休み取ったついでに、不用品の回収をリサイクルショップに依頼すると、訪問回収予定は15時。
それではもう布博は無理か~と思いそうになったものの、せっかくのお休み、やっぱり行ってこようと思って、最短乗り換えルート検索しつつ、町田の会場に到着したのは16時過ぎ。

布博2019in東京 week2

やっぱりここまでくるとテンション一人アップ!

布博2019in東京 week2

そしてこんなウェルカムアイコンも観るだけで楽しい~♪
いつもは開場と同時くらいに行ってしまうので混んでいるのですが、今回は初めて夕方に到着。
するととっても空いていて、どのブースも見やすそうです♪

布博2019in東京 week2

今回のテーマはweek2は『春待ち刺繍展』ということで、刺繍がテーマです。
テーマを刺繍していらしたのは、Cotohaさん。
親しみやすい糸刺繍にオートクチュール刺繍の煌びやかなカケラを組み合わせ、 独自の世界観を作り出すCotohaさん。

布博2019in東京 week2

とってもとっても小さなフランスビーズを使用されているかわいらしいうさぎの刺繍に目が釘付け!

布博2019in東京 week2

動物をモチーフにされた作品が多く、とっても素敵でした!

布博2019in東京 week2

お隣はリボン刺繍のporitorieさん。
本も出版されているようです。
そしてキットも販売されていて、こんなかわいい作品を自分の手で作りだせたら楽しそう♪

布博2019in東京 week2

かごバッグの作品もとっても素敵!
バッグとして使用してももちろんいいですが、お部屋に置いておくだけでも絵になりそう♪

布博2019in東京 week2

ミズイロトシロさんは「みずみずしく やわらかく 強く」をコンセプトに、糸と布と異素材で形作るアクセサリーブランド。
透明感のある素材や色使いが印象的な作品でした。

布博2019in東京 week2

nuitさんは布花作家のMAHOさんと刺繍作家のAYUMIさんによるモノづくりユニット。
カラフルなんですが、優しい色合いの作品です。

布博2019in東京 week2

アクセサリーの小花の作品がたくさん!
こうして置かれているとお花畑のようです♪

布博2019in東京 week2

yu i karさんの優しい色合いのお花の刺繍作品もとっても心惹かれました。

布博2019in東京 week2

グログランテープとお花の組み合わせ、とっても素敵!

布博2019in東京 week2

いつもは激混みでなかなか近寄れない点と線模様製作所さんのブースも平日午後となれば、空いていてじっくりと商品を拝見することができました。
やっぱり繊細な刺繍生地、すごく目の保養になります♪

今回の訪問時間は空いていたので作家さんとお話しできる時間も持つことができて、写真も各ブースで「撮ってもいいですか」とお尋ねさせていただいて、たくさん撮らせていただいたので、写真多めになってしまうので次にも続きます~
(それでも見るだけなのに「撮ってもいいですか?」聞くのが心苦しくなり、写真を撮らなかったブースもあるので、レポは写真を撮らせていただいた作家さんを中心に書いてますが、もちろんそれ以外にもたっくさん素敵なブースがありました!)

2019/01/27 05:57 | お出かけCOMMENT(2)  TOP

polka drops 1日だけのリアル店舗 クリスマスイベント♪

昨日は午後半休を取っていそいそとお出かけ~♪

行先は吉祥寺!
polka drops 1日だけのリアル店舗 クリスマスイベント が目的地!
そして今回はスペシャルな方と一緒に行ってしまいました♪
snappylifeさんです~♪

インスタでポルカさんのイベント情報を知り、予定を確認して、半休なら行ける!と、ポルカさんのインスタにコメントを残したところ、snappylifeさんも行かれることが分かり、ご一緒させていただけることになりました♪

polka drops 1日だけのリアル店舗

吉祥寺駅で待ち合わせ、無事に合流して、地図を見ながら進むこと数分、本当に吉祥寺駅から数分の場所でした。
でも私は普段全く歩かないエリアだったので、一緒に行かせていただいて正解でした。
たぶん私一人だったらおそらく周辺をぐるぐるして10分くらい余分にかかっていたことでしょう(笑)
場所はレンタルスペースのようですが、元々ポルカさんの店舗だったかな~と思ってもおかしくないくらい、店構えから雰囲気ピッタリ!

polka drops 1日だけのリアル店舗

入り口すぐには新作のハイネックブラウスと簡単すっきりギャザースカートがお出迎えしてくれました♪

polka drops 1日だけのリアル店舗

暮らしのドレスのチャームもたくさん♪
こうしてたくさんあるのもかわいいです。

polka drops 1日だけのリアル店舗

こんなディスプレイでも飾ってありました。

polka drops 1日だけのリアル店舗

がま口の販売も♪
実物を見せていただくとぷっくりしていてかわいい形♪
帰宅したらポチるかも~(笑)

polka drops 1日だけのリアル店舗

洋服のサンプル販売もありました。
ハイネックブラウスとこもんぺパンツが吊るされていました。

polka drops 1日だけのリアル店舗

そして新作コートのキット。
生地見本も並んでいてどれも手で触れてしっかりと確認できます。
下の段の風呂敷のように包まれているのがセットされているもの。
なかなかのボリュームですね!

polka drops 1日だけのリアル店舗

製作された際に実際に使用して、キットにも入っているという接着芯も芯そのものや芯を貼る前と張った後の生地の違いを比較できるようにも展示されていました。

polka drops 1日だけのリアル店舗

さあ、では新作コートはどんなコートなのか、ですが、帰宅してから私はガックリ・・・。
ポルカさんにお会いできて舞い上がっていたんでしょうね~
コートの全体を写した写真がなく、なぜかこんな後ろからの上部しか写っていない写真だけ・・・。
コートの全容についてはポルカさんHPやインスタでご確認ください(;^_^A
でもしっかりと目的のコートの試着はsnappylifeさんとかわるがわるさせていただいて、私は肩幅がある方なのでSサイズではなく、Mサイズのパターンを購入させていただきました。
キットの購入も一瞬迷いましたが、試着したらとても着心地のいい作りで、ぜひネイビーやブルーの上質なウールで挑戦してみたい!と思ったのでキットの購入は思いとどまってみました(;^_^A

polka drops 1日だけのリアル店舗

前の合わせは飾りボタンで内側にスナップボタンの仕様です。
このスナップボタンも大きめのコート用スナップボタンに本体の生地のカラーに合わせた薄手の生地でくるむようにして自作したものだそうで、ポルカさんから詳しく作り方も教えていただくことができました。

polka drops 1日だけのリアル店舗

こうしてあえて違うカラ―にしてポイントにするのもアリですね!

polka drops 1日だけのリアル店舗

開催の告知で『ささやかなプレゼント』を用意されている、と言うことだったのですが、それはこのアームカバーでした。
このアイテム、私もフリーパターンをネットで探して作ったものを愛用してますが、今の季節の家事の時には本当に便利!
しかもこのパターン、商品を購入しなくても、来店者のみなさんお持ち帰りOKといううれしいプレゼントでした~♪

ネットでの購入も便利ですが、作り手の方と直接お話するのってすごく大切ですね。
今回はポルカさんを運営されている3人の方全員とお会いできて、それぞれの方、みなさん気さくで話しやすく、とても親切にいろいろお話させていただけて、ますますファンになりました!
さらにポルカさんとお友達でもあるsnappylifeさんとご一緒だったので、お店に入ってすぐに「こね太郎さんですね~♪」とおっしゃっていただき、うれしいようなちょっと恥ずかしいような・・・(笑)
でもこうして実際に足を運んで、見て触れて、作り手の方の考えや商品に込めている思いを聞かせていただくことって、とっても貴重で贅沢な時間ですね!
また機会があればぜひ行きたいと思います(^▽^)/

そしてポルカさんのイベント後はsnappylifeさんと一緒にランチも♪

ハンモックカフェ

snappylifeさんのご案内で行ってみたのはこのお店。
hammock 2000 さん。

ハンモックカフェ

お店の名前からでも明らかですが、椅子ではなく席にはハンモックが天井から吊るされているんです!
二人でハンモックでゆらゆらしながら、ランチ食べつつたっぷりとおしゃべりも楽しませていただきました♪

そのあとは場所を変えて、私が行こうと思っていたお店へ一緒に行きました。
それはshawn&megu(ショーンアンドメグ)さん。
snappylifeさんの息子さんがレザークラフトが趣味とのことだったので、こちらのお店もきっとお気に召されるかな~と思って一緒に行ってみました。
相変わらずトークが軽妙な店主さんと、鋭くツッコミなどを入れるsnappylifeさんと3人で楽しくトーク♪
私は目的のものがあったのでその注文をさせてもらいました。
それはまた受け取ったらアップしようと思います(^▽^)/

こうして楽しい半日の吉祥寺散歩でした~♪
貴重なイベントを開催してくださったpolka dropsさん、一緒に行ってくださったsnappylifeさん、楽しい時間をありがとうございました!

2018/12/14 06:47 | お出かけCOMMENT(14)  TOP

JUKI × PTLコラボワークショップ その2♪

さて、楽しいランチタイムは終了して、ワークショップは午後の部です。

JUKI × PTLコラボワークショップ

ファスナー付けは午前中に終わっていたので、午後は両端を縫って、テープで端処理をします。
これで本体は完成です!

JUKI × PTLコラボワークショップ

反対側に内ポケットも付いています♪

JUKI × PTLコラボワークショップ

そして肩ひもを仕上げてすべて完成です!
最後の仕上げは丈夫な生地が仕上げテープも含めると6枚も重なりますが、さすが最新の職業用ミシンなだけあって、難なく縫えました♪
肩ひもを仕上げるときも家庭用ミシンではいつもミシンが悲鳴をあげるところですがここも問題なし!

JUKI × PTLコラボワークショップ

このワークショップでユーカ先生がオリジナルと変更を加えた点は、この底の仕様です。
オリジナルでは底マチがありますが、コーデュラナイロンは普通のナイロンの7倍もの強度がある生地なので、今回はマチなしでぺたんこなサコッシュにアレンジされていました。

この他にワークショップでユーカ先生から知ったことや聞いたことは、
・糸は厚地用の30番ではなく60番を使用
・針目は2.6mm~2.7mmくらい
・作る前には必ずテキストを熟読してね!
・PTLのパターンはいつも新作を出すときにはお客様が新しい知識を得られるように新しい縫い方をお伝えできるようにしています。
・パターンはその当時最適と思われる内容にしているので、今のパターンだとポケットはスマホが入っても落ちたりしない深さにしていますが、かなり前のパターンではスマホ普及前に考えたものなのでポケットの深さが違ったりします。作るときにはそのことも考慮してね。だからパターンとしてはやはりHP上でトップの方に出てくる新しいものがおすすめ。
・パターンはできるだけお客様からご要望の多いもの順に出すようにしていますが、最近は大人服が多くなっています。きっとお客様のお子さんたちも大きくなってきて、自分用の大人服にみんなシフトしてきたのかな、と感じています。
・今後は子ども服は書籍で一気に発表、という流れになりそうです。(どうやら春くらいに新刊予定あるかも!?)

などなどいろいろお伺いしちゃいました~♪
さらに個人的には、コンフォートレディースシャツの補正方法も相談させていただき、親切に教えていただいたので、ぜひシャツもまた作りたいと思います!

JUKI × PTLコラボワークショップ

皆さん、作業が早く終わり、終了予定時刻の15時まで余裕があったので、JUKI社員さんによるアタッチメント講習会もちょこっとしていただけました~♪
これはパイピングテープ用のアタッチメントを実演してくださっているところ。
驚くほど簡単に、きれいにパイピングテープを作って、縫い付けまでできてしまいます。

JUKI × PTLコラボワークショップ

その秘密はアタッチメントの底部にある矢印部分の溝。
この溝にテープがしっかりと収まるのでずれなく、きれいに仕上がるそうですよ!
早速その場で購入を決めている参加者さんもいらっしゃいました。

JUKI × PTLコラボワークショップ

そのほかに教えていただいたことは、SL-700EXのこの上についているつまみ。
これを回すと横線が見えてきます。
横線が見えてくると~

JUKI × PTLコラボワークショップ

押えが下ろした状態で、少し浮くようになるんです!
そうなると押えを下ろしても少しゆとりがあるので、ニット生地を縫う時や縫いずれが起こりやすい素材を縫うときにきれいに仕上げることができるそうですよ~
これはこのミシンを使い始めたばかりの私はまだ気が付いていなかった機能だったので、知ることができて良かったです!
他にも作業中に返し縫いボタンを半押しすると、針位置が少しだけ戻るそう。
一針まで戻るのは戻りすぎ、でもちょっとだけ戻りたい、って角を縫うときにありますよね。
そんな時に便利な機能ですね!
案外知らない機能がまだまだ潜んでいるかも、と思いました!

時間に余裕を残しての終了だったので、無事完成したらみなさん緊張がほどけてリラックスしておしゃべりも楽しませていただきました~♪
このワークショップを楽しみにしていたことはもちろん、普段からPTLをどれだけ愛用しているか、今まで何を作ってきたか、などなどいろいろと楽しく情報交換です。
そして驚いたことに、インスタでつながりのある方もこのワークショップに参加されていました~♪
その方も参加されることはインスタの投稿で事前に知ることができたものの、参加者さんの中のどなたかまではわからず・・・。
どうしようかな~と思っていたら、話しかけに来てくださって、無事ご挨拶を交わすことができました!
私だと確信したのは、テーブルの上にこの日のために作ったソーイング用ポーチや裁ちばさみケースを置いていたから♪
ブログやインスタに参加前にアップしておいて良かった!
ポーチたちがいい目印になってくれました~(^▽^)/
ちょうどその時の「初めまして~♪」の会話を交わしているときの様子はJUKIさんのHPでバッチリと紹介されていました!
きっと私がテンション高く騒いでいたんでしょうね~(笑)(;^_^A

JUKI × PTLコラボワークショップ

楽しい時間はあっという間に終わってしまい、終了時刻を迎えてしまいました・・・。
最後にはユーカ先生とのツーショットも撮っていただきました♪
横に私が並んでいるのはお目汚しですが、ぜひユーカ先生がお召しになっているクラシカルワンピースの全体をお見せしたかったのでカットなしで載せます。
ユーカ先生は確かMサイズを着ているとお話されていました。
このワンピースはなかなかハードルが初心者の方では高いかもしれないけれど、見返し処理、コンシールファスナー付け、カフス作り、ギャザー寄せ、などなどたくさんの洋裁知識を習得できるようになっているそうです。
1着作ったらかなりの達成感ですね!
そしてパターンを考えたときにリバティ生地を使っても野暮ったくならず、リバティが映えるパターンを、との考えもあって作られたパターンだそうです。
なんて書きながら実は私はまだ購入していないんですが・・・。
ユーカ先生の「PTLのパターンはパターンごとに新しい縫い方のご提案をしています」という言葉を聞くと、作る予定はなくてもテキストだけでも読みたい気持ちになってきました~(笑)

とってもとっても楽しかったワークショップ、今回は運よく参加できました!
もしまた機会があればぜひぜひ参加してみたいと思います(^▽^)/

2018/11/02 06:12 | お出かけCOMMENT(8)  TOP

JUKI × PTLコラボワークショップ その1♪

10月30日、楽しみにしていたお出かけへ行ってきました♪

それはJUKI本社が会場のPTL(パターンレーベル)さんのワークショップです!
数か月前に同じワークショップに申し込みして参加した経験のあるkiyolileaさんが申込み成功の秘訣をご親切に教えてくださり、それを参考に数分で満席になるという厳しい条件をクリアして申し込みに成功しました~♪
教えてくださったkiyolileaさんに感謝感謝です!

そして待ちに待った当日、ワクワクしながら多摩センター駅を降りて・・・

JUKI × PTLコラボワークショップ

目の前にJUKI本社ビルが現れました~♪

JUKI × PTLコラボワークショップ

ビルの前には重機神社。
『重機神社は1942(昭和17)年4月、前身となる「東京重機製造工業組合」時代に建立。伊勢神宮(三重県)、南宮大社(岐阜県)、大國魂神社(府中市)の3神を祭る。このうち、南宮大社で祭られている金山彦命(かなやまひこのみこと)は金属を司る神として「製鉄技術者の守護神」とも呼ばれることから、同神社は同社の事業を見守る「ものづくりの神様」としてこれまで支えてきた。』
(八王子経済新聞2010.04.09より抜粋)というのが、重機神社だそうです。
多摩市に本社を移した際に、それまで本社の所在地であった調布市から遷座したそうです。

JUKI × PTLコラボワークショップ

いよいよビルの中へ!
正面のドアはもちろん大きな自動ドア。
たぶんステンレス製と思われるこんなデザインのドアでした。
たぶんこれもJUKIという会社を象徴するようなデザインとして考えられたものなのかな~と感じました。

JUKI × PTLコラボワークショップ

ワークショップを担当される社員さんの案内でいよいよ会場へ!
本社の3階が会場で、エレベーターを降りるとこんな案内がありました。
もう気持ちはワクワクでいっぱいです~♪

JUKI × PTLコラボワークショップ

会場に着くと贅沢にも一人1台ずつJUKIの職業用ミシンSL-700EXと裁断済のコーデュラナイロンの生地がセットされています。

JUKI社員さん、ユーカ先生によるご挨拶が終わり、いよいよワークショップ開始です!

まずはこのワークショップのためにユーカ先生が用意してくださったサコッシュのレシピと完成品を使いながら、作り方手順などの説明です。

JUKI × PTLコラボワークショップ

コーデュラナイロンは目打ちで印をつけると穴が残ってしまうので、水で消えるチャコで印がつけてあります。
アイロンで折り目をつけることはできないので手ぐしでまずはぐいぐいと印をつけていきます。

JUKI × PTLコラボワークショップ

そしていよいよ縫製です!
初めについていた押えはスムース押えでした。
印刷されたレシピ以外にも手書きで効率よく縫える手順が書き込まれているので、それを見ながら、ユーカ先生のお話も伺いながら作業は進みます。

JUKI × PTLコラボワークショップ

ポイント毎にユーカ先生が自ら実演して説明してくださいます。
これはファスナー付けを説明してくださっているところです。
ユーカ先生のお洋服はもちろんPTLの最新作のクラシカルワンピース!
とってもお似合いで素敵!

JUKI × PTLコラボワークショップ

ファスナー付けの時には押えは私も最近購入したばかりの両端が狭い作りになっているジッパー自由押えでした。

JUKI × PTLコラボワークショップ

この日の参加者の方はみなさんPTLのパターンを使用したことがある方ばかりで、作業が割と早く終わっていたようで午前中の目標だったファスナー付けまで進み、もう一つのお楽しみのランチタイムです。
なんとJUKIさんの社員食堂で社食ランチです♪
ランチはもちろんおいしくて、栄養バランスも良さそう♪
こんな素敵ンランチを頂きながら、ユーカ先生を中心に参加者の皆さんとのおしゃべりに華が咲きます。
このランチタイムで、ユーカ先生のPTLのパターン作りのこと、毎回新作を作るときに心がけていること、パターンやレシピに込めている思い、素敵なご家族のお話などなどたくさんのことを直にお聞きできてますます大ファンになりました!

長くなってしまったので続きは次回にします!

2018/10/31 08:03 | お出かけCOMMENT(2)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»