Pearl in Heart 2018年04月

パターンレーベル コンフォートレディースシャツ♪

約1週間でシャツを縫ってみました。

なぜ縫ってみたかというと、実は今年私は勤続15年だそうで・・・。
一応先日他の方々と一緒に表彰を受けるという機会があったので、せっかくだし新しいシャツをその日に着ようと思いました。

作ったのはもう4着目になるパタレさんのコンフォートレディースシャツです。

コンフォートレディースシャツ

パターン:パターンレーベル コンフォートレディースシャツ Mサイズ
使用生地:お友達ビンゴさんからの頂き物のブルーのシャツ生地、C&S 海のブロード/ホワイト、天使のリネン/ブルー

ボタンが下ふたつ足りないのは付けるの間に合わなかったわけではなく、在庫のパタレさんオリジナルシェルボタンを確認したら2個足りなかったんです(;^_^A
またいつかパタレさんでパターンか副資材を注文するときに追加購入して付ける予定です(笑)

コンフォートレディースシャツ

今回は襟は丸襟です。
白い生地はC&Sさんの海のブロードのホワイトです。

コンフォートレディースシャツ

裏台襟は天使のリネンのブルーを使ってみました。
台襟だけ違うカラーやってみたかったんです♪

コンフォートレディースシャツ

袖口もホワイトで切り替え。

コンフォートレディースシャツ

カフス裏も天使のリネンでカラーを変えてみました。

コンフォートレディースシャツ

今回は後ろは初めてサイドタックにしてみました。

コンフォートレディースシャツ

畳んで置き画も♪

コンフォートレディースシャツ

着画です。
まあ着るのに支障はないだろうと思ったのですが、インしても見事にボタン足りてないところ見えちゃっているし(笑)
職場の制服はベストにスカートなので、このウエストは見えないから良しとします!

そして4着も作っているのですが、気になっているのは肩幅なんです。
どうも1日着用していると第2ボタンから肩くらいの場所にかけてしわが横に入っちゃうんです。
着画でもちょっとだけその傾向がでているかな、と。
ということはおそらく肩幅が少しだけ合っていないのかな~ということまでは察しが付くのですが、それをどうすればいいのかが素人にはわからないんですね。
そこで、先日お会いしたパターンを勉強したことがあるお友達のお友達に相談してみたというわけです。
でもパターンや実物を持って行っていなかったので、やはり詳細まではわからず、次回お会いするときにはパターンと実物を持参して見ていただいて、本当に私の体型に合ったジャストサイズのシャツにするためにはどう補正するといいのか、本格的に相談させてもらおうかと思っています♪
やっぱりせっかく作るのなら、完全に合っているサイズで作ってみたいですもんね。

母の顔?

2月から通い始めた長男くんのスポーツクラブで、母の日が近いのでこんな紙が配られて、母の似顔絵を描こうということだったので、描いてもらってみました。
長男くんが一応私の顔をよく見て観察して描いてくれたのですが、似ているのかどうかは謎です(笑)
とりあえずあるべき場所にちゃんと顔のパーツは収まっているから良くできたと思うことにします(^▽^)/

スポンサーサイト

2018/04/30 09:49 | ハンドメイド大人服COMMENT(2)  TOP

ティッシュケース♪

先日の草木染め体験の時には、お友達が「きっと話が合いそうだからパターンの勉強したことがあるお友達も誘ってみるね」
と言ってくれて、そのお友達も一緒でした。

さらには誘ってくれたお友達はその方に事前に作りたいものがあるとリクエストしていて、草木染めの作業の合間にその小物作りもしました。

ティッシュケース

作ったのはティッシュケースです。
右の緑はその場でお友達の在庫生地で見本で作られたもの。
私が「私も作り方覚えて帰って、自宅でも自分用に作ってみようっと♪」と話していたら、
「じゃあ見本があった方がおさらいしやすいだろうから」と快く見本をくださったのです♪
左は、忘れないうちにと自宅の在庫生地で作ってみたもの。
生地はC&Sさんのオリジナルハーフリネンストライプです。

ティッシュケース

ボタンをはずすと内側はこうなっています。
わかりやすくちらっとティッシュ見せてみました。

ティッシュケース

さらに2か所のボタンをはずすと、ティッシュが見えます。
BOXティッシュの中身だけを適量入れて携帯できちゃうケースです。
よくハンドメイド作家さんでこのアイテム作られている方は見かけたけど、作り方まではわからなかったので、知ることができて良かった~♪
右の作品の内布はC&Sさんのドットミニヨン。
街中でいただくポケットティッシュは便利だけど、ちょっと広告が入っているものを人前で出して使うときに恥ずかしいと感じるシーン、たまにありますよね。
そんな時にこのケースから出す方が気分いいかな~なんて思いました(^▽^)/

作り方を教えてくれたお友達には、最近気になっていたパターンの疑問をお伝えして、ちょっと一緒に考えてもらったりもしました。
やっぱりパターンのお勉強していると、単に1か所の幅を延ばすだけではなく、そこを延ばすならあっちも調整しないとバランス悪くなるかも~なんて、私だけでは気が付かないことを教えていただけたりもしました。
パターンのこと知っていると、もっとソーイング楽しくなりそうだなぁ~といまさらながらお勉強したい気がしてきたリ♪
もっと『誌上パターン塾』をまずは熟読してみます!

2018/04/29 05:59 | ハンドメイド小物COMMENT(2)  TOP

草木染め初体験♪

昨日はこの4月末で育休復帰するお友達のお家に遊びに行かせていただいてきました~♪
お互いになかなか子どもなしでゆっくり会うことなんてできないので、やっぱりそんなことができるのは、この育休明け直前の保育園預け始めた平日のタイミングでないと難しいんですよね~
というわけで、有休頂いて、息子くんたちは小学校と保育園へそれぞれ行ってもらって、一人身軽に行動~♪

今回はお友達がお誘いしてくれた草木染め体験です。

お友達は育休中になんと染め物を始めたそうで、今回はお友達が他のお友達と行う予定だった染め物作業に私も混ぜてもらったのでした。
女子4人で作業スタートです。

草木染め

染め物体験はまず、染める物の模様付けから。
私は自宅にあったC&Sさんの海のブロードの生地をハンカチに仕立てて持参したものに、とりあえず輪ゴムやビー玉を使ってぐるぐるして巻いてみました。

草木染め

こちらはお友達がストックしている草木染め用の煮出した汁です。
3種類あって、右からタンポポ、ビワ、ヨモギです。

草木染め

草木染め

実際にこれが煮出したばかりのタンポポ。
お花の部分を摘んで、20分煮だして濾してを2回繰り返したものだそうです。
今回はこの煮出したばかりのタンポポを使わせてもらいました。

草木染め

水に浸して濡らして絞ってから媒染処理です。
この処理は後にする場合もあるようですが、今回は先に。
生地のグラム数に合った倍率のミョウバン液に約20分煮ながら浸けます。
手前の生地はお友達が以前草木染めをした生地で、一緒に染め直しをするため、色付きの生地になっています。
これは色止めの作業です。
草木染めはたんぱく質のあるウールやシルクなどの動物からの素材には染まりやすいのですが、コットンなどの植物からできている素材にはたんぱく質がないため染まりにくいということで、タンパク液(豆乳などのたんぱく質のある液)に浸ける作業をすることもあるそうです。

草木染め

タンポポとビワで染めることになりました。
手前がビワ液、奥がタンポポ液です。

草木染め

私はこちらのタンポポで染めることにしました。

草木染め

染めたい素材を浸して、ぐらぐらと煮出します。

草木染め

煮出している途中です。
ビワの方です。
煮出す前よりも液の色が薄くなり、生地の方に色が移っていることがわかります。

草木染め

タンポポの方です。
こちらも液の色が薄くなってます。

草木染め

20分経過。
さらに両方の液共に色が薄くなりました。

草木染め

生地を取り出して水洗いして、模様付けのために付けていた輪ゴムや糸などをはずします。

草木染め

そして広げた私のハンカチはちゃんとタンポポで染まりました~♪
コットンだからちょっと薄くなってしまうかな~と思ったけど、ちゃんと模様が分かるくらいには染まりました♪

草木染め
草木染め
草木染め
草木染め

タンポポで染めたお友達の作品です。
素材によって色の濃さも違うし、模様の出方もいろいろで面白いです。

草木染め
草木染め
草木染め

ビワで染めた作品です。
かわいい水玉模様とバックにはお子さん向けに人の形も♪
この模様はなみ縫いで縫ってから絞って模様をつけているそうです。
イメージ下よりは模様が付かなかったそうですが、みんなで模様を強調するように刺繍を後からしてみるのもきっと素敵になりそうだね、なんて話になりました。

草木染め
草木染め

お友達が以前染めたという作品も素敵でした♪
上の写真は何の植物だったかはせっかく聞いたのに忘れちゃいましたが、きれいな赤紫色です。
目の部分は大豆を中に入れて輪ゴムで巻いたそうです。
ちゃんと大豆のように楕円になってますね。
下の写真は藍で染めたもの。
上部分は本当の藍の葉から作った液で染めて、下部分は藍の粉末を使った液で染めているので濃さが違うそうです。
やっぱり藍のきれいな色もいいですね。

草木染めは薬品で染めている訳ではなく、自然の染めなので洗濯する度に色は抜けてしまうようではありますが、それもまた変化を楽しんで、うすくなったらまた違う染めをしてみたり、なんて楽しんでいくと良さそうです。

お友達は藍染もできるように藍の栽培も始めているそうで、育ったらまた一緒に染めたいね、なんて話しました。

植物でこんなにも自然にきれいな色が出るなんて驚きの体験でした!
草木染めの楽しさを体験させてくれたお友達に感謝です!
次回は玉ねぎの皮で染めてみようということにもなったので、今日からお料理で使った玉ねぎの皮は捨てずにストックするようにします(^▽^)/

2018/04/25 06:29 | お出かけCOMMENT(4)  TOP

クルール センターV開きニット♪

春物ニット計画、2着目何とか完成してます。

サンプルお取り寄せしてみた生地から作りました。

クルール センターV開きニット

パターン:クルール センターV開きニット
使用生地:コーマソフト天竺/すみれ

3月に確かこのパターンで1着目をマリンブルーで作ったのですが、とっても気に入ったので春カラーでもう1着♪

クルール センターV開きニット

リブ始末にすると失敗しそうなこのV開きもクルールさんのこのパターンならリブ始末ではなく、失敗なしできれいにV開き作れますね♪

クルール センターV開きニット

着画です。
合わせたのはパタレさんワイドパンツ。
最近デニムのワイドパンツ履いている方の着こなしがとっても素敵に見えて、このパターンでぜひデニムパンツ作りたいけど~いつになるかなぁ~(;^_^A
で、このニットですが2着目なのでサイズなどはもちろんわかっているのでぴったりで満足♪
このすみれ色があまり着たことないカラーなので、着ているとなんだか恥ずかしい気分になってしまいます(笑)
何度も着ていたら慣れてくるかな!?

ランドセルカバー

新年度にはC&Sさんのキットでランドセルカバーも作っていました。
長男くんのランドセルのサイズにもピッタリ!

ランドセルカバー

いいのできたわ~♪
と思って、新年度見送ったら、帰宅したらなぜかカバーが付いていない!
まさか1日で破損!?
と思って本人に聞いたら「つけなくていいから外した~付けない方がかっこいいから!」だそうです(;^_^A
我が家にはこのカバー必要なかったらしい。
せっかく作ったのに~!
どなたか必要な方、いらっしゃったらお譲りしようかしら?
なんて思ってます(;^_^A

あと迷っている職業用ミシン、メーカーの違いだけではなく、家庭用針と工業用針どちらにするかも迷いだして・・・。
まだまだ思案中です~

2018/04/23 05:27 | ハンドメイド大人服COMMENT(4)  TOP

巾着♪

週末は小物を縫いました。

それは巾着です。
姉から新年度で必要なコップ入れを用意するの忘れてた~と連絡がありまして。
かわいい姪っ子ちゃんのため、作りますよ~ということになりました。

巾着

巾着

パターン:パターンレーベル 入園・入学バッグセット/コップ袋
使用生地:右/NANATONEさんで購入の花柄コットン&キャスキッドソンのドット生地、左/naniIRO2009 MER ESSENCE TABLEAU SASA ソロモン

右は姪っ子ちゃんの保育園用でもう一つは一緒に頼まれた義兄のコップ入れ。
職場に持参する自作の陶器のコップを入れるためだそうです。
この渋さ、義兄は気に入ってくれたようなので良かった♪

でもこの巾着だとちょっと中に入れる陶器を守ってくれるのか、不安になり、もう一つ作ってみました。

巾着

巾着

大きさは一回りくらいは大きいものにして、素材は裏毛ニット生地です。
このニット生地はsnappylifeさんのキッチン柄プリントです。
数年前のお楽しみパックに入っていたもの。
この生地でずっと自分用のお弁当バッグを作ろうと思っているのですが、なかなか着手できず・・・。
でもこの巾着分くらい使ってもその余りでまだ目的のもの作れるくらいはあると見越して使いました。
ニット生地だとちょっと厚みがあるので安心しますね。

ミシン

そして先日、愛用の家庭用ミシンが最近どうしても調子がイマイチで、ジャノメミシンさんに出張修理に来ていただきました。
このミシン結婚するときに夫の母がお祝いを兼ねて購入してくれたもの。
もう10年くらい使っています。

ミシン

出張して見ていただいた結果、症状としては生地の送りが弱くなってしまった、ということなのですが、その原因は送り歯でした。
10年間使い続けて、送り歯の右側が摩耗して左右の高さが変わってしまっているとのこと。
ジャノメミシンさんには「もうこのミシンとしては使用の限界を超えたということでしょうね。ミシンも喜んでますよ。これだけ使われるなら職業用ミシン考えられた方がいいですよ」と言われちゃいました(;^_^A
送り歯以外にも下糸を巻くときにもうミシンが悲鳴を上げているような音が出るし、この機種はフットコントローラーではなくボタン式なのですが、そのボタンもきっと何千回または何万回?か押し続けて時折反応が悪く、思った位置で縫い留められなかったりします。
やっぱりそうか~いよいよ考えないといけない時が来たかな~と思って、今はどこのメーカーでどの機種にすべきか悩んでます。

ミシン

ジャノメミシンさんにはこの機種をおすすめされました。
縫い目がきれいで馬力もありますよ~とのことなんですが、職業用ミシンで検索するとJUKIを使用されている方が多いんですよね。
やっぱりデザイン的にはJUKIの方がシンプルだからかな~
このミシンに関しては、直営店やフランチャイズ店でのみ販売の機種のようで、使用されている方の感想などはあまり出てこないんですよね。
ジャノメミシンさんは「ご連絡いただければまたご自宅にこの機種お持ちして試しに縫っていただいてから考えていただいてもいいですよ~」なんて言っていただけて、それならどこかに出向かなくても実物を見て、試せる、という魅力に心揺れたり・・・。
このミシンのカタログを見た長男くんは先日初めてミシンを使っているので「これかっこいい!これにしようよ!僕も使うし!」となぜかノリノリです(笑)

巾着

巾着

そしてその修理の時にお試しで縫わせていただいたのが巾着でした。
ジャノメの家庭用の刺繍機能のあるコンピュータミシンであらかじめキルティング生地に刺繍されたもので簡単な巾着を縫わせていただきました。
最新の機種のミシン刺繍ってすごいですね!
パタレさんパターンの巾着は口部分を縫い残して開きを大きくするようにしていますが、この作り方は開きなしでそのまま縫ってしまってから紐通しをぐるっと縫ってしまい、両脇の縫い目を紐通し部分だけ縫い解くというもの。
この作り方なら子どもでも作りやすそうです♪
次に長男くんには巾着を挑戦させてみようかと思っているので、この作り方にしてみようと思います。
そしてその前に実際に自分でもやってみたのが上のニット素材での巾着です。
こんな作り方もありですね♪

さて、職業用ミシン、どうしようか悩みます~(;^_^A
いろんな方の職業用ミシンの購入レポなどを参考に読ませていただいて、よく検討してみようと思います!

2018/04/16 06:06 | ハンドメイド小物COMMENT(4)  TOP

『明日着る服』より カシュクールブラウス♪

昨年、お友達のビンゴさんと快晴堂さんへ訪問した際に購入してみた生地でやっとブラウスお仕立てできました♪

『明日着る服』より カシュクールブラウス

パターン:『明日着る服』より カシュクールブラウス9号
使用生地:快晴堂さんで購入のターコイズブルー×ブラウンチェックの薄手生地

この生地とっても薄手なので縫うの難しいかな~と思いながらスタートしましたが、縫い始めてみるとそんなことはなく、大丈夫でした!
購入した後何を作ろうかと考えて、思い浮かんだのはシャツ♪
これなら薄手だし、夏の羽織ものとして使えそうかも~と思いました。
そこで考えたパターンは、『明日着る服』のカシュクールシャツです。

『明日着る服』より カシュクールブラウス

前のチェックの柄合わせは何とかセーフ!

『明日着る服』より カシュクールブラウス

カフスの開きはテープ始末です。
ボタンはクルールさんで購入したシェルボタンです。

『明日着る服』より カシュクールブラウス

カシュクールにするために前中心の裾にボタンホールがあって、両脇に縫い付けているボタンをかけるとカシュクールになります。

『明日着る服』より カシュクールブラウス

このシャツも縫い代始末は折り伏せ縫い&袋縫い始末で裏もすっきりするようにしました。

『明日着る服』より カシュクールブラウス

いろいろ頑張ったのですが、やっぱり完璧とはいかず・・・。
後ろヨークの柄の取り方、ちょっと失敗です(;^_^A
もうちょっと違う位置で配置すればよかったなぁ~とちょっと後悔。
ま、それ以外は概ね予定通りの仕上がりなので、気にせずもちろん着ます!(笑)

『明日着る服』より カシュクールブラウス

まずは平置きでカシュクール。

『明日着る服』より カシュクールブラウス

お次は平置きで前でキュッと♪

『明日着る服』より カシュクールブラウス 『明日着る服』より カシュクールブラウス 『明日着る服』より カシュクールブラウス

載せた方がいいのか載せない方がいいのか迷いますが着画です(;^_^A
既製品の手持ちデニムに中にはWildberryさんのインナーTシャツ合わせてます。
着てみて思いましたが、カシュクールスタイル、着崩れしやすいかも!?
私には前を開けて羽織スタイルか結ぶ方がしっくりきました。

『明日着る服』より カシュクールブラウス 『明日着る服』より カシュクールブラウス 『明日着る服』より カシュクールブラウス

これも載せなくてもいい気がするけど、せっかく撮ったので載せてみます(笑)
靴下履いちゃってバランス悪くてすみません~
パンツは『明日着る服』から作ったワークパンツです。
上下『明日着る服』コーデです♪
室内なので靴までは合わせなかったけど、合わせるなら白スニーカーでしょうかね~♪
ボトムスはデニムスカートやボリュームのあるスカートでも大丈夫そうですね。
イメージとしてはロングスカートもいいかな~♪

初夏から夏の休日スタイルの1着完成です。

他にもいろいろ作りたいパターンはあるものの、どれがいいか迷いますね。
クルールさんの新作シャツワンピもパタレさんの新作ボリュームスリーブブラウスも作ってみたい~♪
手持ちの本でずっと作ってみたいと思っているのに作れてなくて今年こそは作りたいと思っているシャツもあるし・・・。
息子くんたちや甥っ子くんたちや姪っ子ちゃんたちに作りたい服もあるし~。
あぁ~一日が30時間くらいあったらもうちょっと進むのになぁ~なんて思ってしまいますね(;^_^A

長男くんミシン挑戦

いよいよ学校も始まって新年度本格始動って感じですね!
昨日からやっと給食も始まってホッとしています♪
そして新年度と言えば必ず必要になる雑巾。
始業式の日に持ち帰ったプリントに『翌週火曜日に持たせてください。』と書いてある~!
新品のフェイスタオルはあるけど、雑巾はないから縫うしかないか~と思っていたのですが、縫おうと思っていた早朝に長男くんが起床してきました。
それならと長男くんを誘ってミシンで縫ってもらいました。
さすがに小学2年生になるとある程度指示すれば、大体縫えるもんなんですね~♪
楽しかったようで飽きることなく、必要な雑巾2枚縫えました。

長男くんミシン挑戦

まあ多少の縫い目の曲がりは雑巾なので問題なし!
よくできました!
得意気に2枚を学校へ持っていきました♪
その翌日も「また縫えるものないの~?」なんて聞かれたのですが、さすがに洋服縫いのお手伝いは怖いので、もうちょっとしたら、夏用の自分のTシャツでも縫ってもらおうかと考えてます(^▽^)/

2018/04/12 05:40 | ハンドメイド大人服COMMENT(6)  TOP

チューリップ畑&井の頭自然文化園♪

週末は土曜も日曜もお出かけしてみました。
今なら暑くもなく、快適に屋外でも過ごせますし、お出かけしないともったいないと思って♪

まずは土曜日の午後、近場のチューリップ畑へ。
例年よりも開花が早く、すでに満開!

チューリップ畑

チューリップ畑

チューリップ畑

チューリップ畑

まさに色とりどりのチューリップでいっぱい!
でもやっぱりアップで撮りたくなったのは、スタンダードなきれいな赤のチューリップでした。

チューリップ畑

行ったからには写真を!と思ってなんとか撮ろうとするものの、本当にちっともじっとしてくれません!(怒)
ふざけてばかりできれいなチューリップを前にしているのに、こちらもキレ気味になります(笑)
それでも幾多の攻防を経てなんとかとりあえず数枚は撮れた~(これだけでぐったりです(;^_^A)

チューリップ畑

写真さえ撮れたらもうあとはいいや~と思ったら、息子くんたち行動開始!
こちらはせっかくきれいに咲いているチューリップを折ってしまわないかヒヤヒヤです(;^_^A

チューリップ畑

最後には肌寒いのにひとつ300円もするかき氷をねだられて、交渉に負けて買ってあげると息子くんたち大喜びで食べてました♪
まあそんなに喜ぶならいいか~なんて思っちゃう甘々な母になってしまったのでした。

次の日には井の頭自然文化園へ。

井の頭自然文化園

行く前に調べたら、毎週日曜日はいきもの広場というたくさんの生き物が住みやすいようにお手入れされた広場が解放されるとのこと。
季節ごとの小さな生き物を自分たちの手で探してみることができるようになっています。
息子くんたちがまず向かったのは腐葉土のある場所でカブトムシの幼虫探し。
苦手な方もいると思うので写真は撮りませんでしたが、長男くんは横で他の子たちが次々に幼虫を発見するにもかかわらず、なかなか見つからず・・・。
かなり粘ったのですが、最後には納得したようで終わらせることができました(;^_^A
他にも小さな池におたまじゃくしがいたり、芋虫がいたり、とかげがいたり、などなどたくさんいました。
もはや虫好きになってしまった男の子の母になってしまったので、ちょっとの虫では騒いだりしません(笑)
でもさすがにまだミミズやカブトムシの幼虫は素手では触りたくない~
この広場、常連の子たちもいるようで、「また行ってみたい!」と息子くんたちも楽しんだようでした♪

井の頭自然文化園

井の頭自然文化園

井の頭自然文化園

それ以外にも動物を見て楽しみましたが、私は公園の緑がきれいでリフレッシュできました♪
最後には定番のボートにも初めて乗ってみましたが、息子くんたちも楽しんでいて、これならまた乗ってもいいかな~と思いました。

ニキティキ

さらに公園を後にして、反対側にある6周年イベント開催中のC&S吉祥寺店へも行ってみましたが、購入したかった生地はあいにく売り切れで買えず、息子くんたちは風船もらって、息子くんたちに欲しいと言われたワッペンをいろいろ買うのみで終了しました~
そしてやっぱり途中にあるニキティキに寄ってちょっと自由に触れるおもちゃで遊ばせてもらって、まだ明るいうちに電車に乗って帰宅しました。

次男くんも大分長い時間のお出かけもできるようになってきたので、今年もまたいろいろなところにお出かけしたいなって思います。

2018/04/10 04:46 | 子連れお出かけCOMMENT(2)  TOP

『大きな服を着る小さな服を着る』より ジャケット小♪

春ジャケット、とりあえず1着完成です。
たぶん昨年くらいに作りたいと思ったものの、時機を逃してやっぱり1年越しです(;^_^A

『大きな服を着る小さな服を着る』より ジャケット小

パターン:『大きな服を着る小さな服を着る』 濱田明日香著より ジャケット小
使用生地:ビンゴさんより頂いたちょっとハリのあるブルーストライプ生地

この本、1年くらい前に図書館で借りて、どれもとっても気になるパターンばかりだったのですが、まずはこのパターンが使いたい生地もあったので作りたいと思いました。
まずは、なんて言ってもそう思っていたのは1年以上前なんですがね~(;^_^A
やっと作ることできました。

『大きな服を着る小さな服を着る』より ジャケット小

あまり得意ではないこの襟の作りもなんとかそれなりの形にできました♪

『大きな服を着る小さな服を着る』より ジャケット小

ボタンは前に一つだけです。
このボタンは快晴堂さんのアトリエセールで購入したボタンです。
イメージとしては春から初夏にかけて、マリンテイストになるかな~という感じです。

『大きな服を着る小さな服を着る』より ジャケット小

袖付けはテープ始末、脇や袖下は折り伏せ縫いです。
写真にはないですが肩の合わせ部分も折り伏せ縫いにしました。

『大きな服を着る小さな服を着る』より ジャケット小

袖口は本ではまつり縫いだったのですが、今回はちょっとカジュアルなジャケットのつもりなので、ミシンステッチにしました。

『大きな服を着る小さな服を着る』より ジャケット小

裾もまつり縫いの仕様でしたが、こちらもミシンステッチにしました。
折り伏せ縫い部分は生地がストライプだから写真ではわかりにくいですね。

『大きな服を着る小さな服を着る』より ジャケット小

前ボタンを開ける方がカジュアルな雰囲気が出て、着るときはこうすることの方が多そうです。
ダーツは入っていないシンプルなシルエットのパターンです。

『大きな服を着る小さな服を着る』より ジャケット小 『大きな服を着る小さな服を着る』より ジャケット小

着てみました。
左はインにWildberryさんのインナーTシャツを着て、ボトムスにはデニムです。
右はインにmanydropsさんのタックフリルブラウスとボトムスはC&Sさんの大人のワイドパンツのネイビーです。
ジャケットの袖は8分袖くらいなのでブラウスのフリルの袖口がちょうどジャケットの袖から出るのが、いいかな♪
せっかく出来上ったジャケットですが、残念ながらあまり半袖などのインナーに着られそうなトップスが持ち合わせていないことに出来上がってから気づくという・・・(;^_^A
先日、地元の図書館では所蔵されていなくて、広域でしか借りられそうにないクルールさんの『明日着る服』をやっぱり欲しくて購入したので、その本から半袖Tシャツもこの夏には作りたいな~なんて思います♪

さてさて、やっぱり春と言えばもうすでにいろいろなところで咲き誇っていて、すでにもう葉桜ですが、先週我が家も観てきました♪

2018桜

アップの桜、この絶妙なピンクが春を感じますよね♪

2018桜

我が家が行ったのは毎年見事な枝垂れ桜が咲き誇る自宅から自転車で数分の公園です。
普段から広いので良く遊びに行っているのですが、それはもう枝垂れ桜が見事なんです。
桜の名所では露店も出て、人も多くてなかなか写真撮りにくいですが、こちらは普通の公園なので、レジャーシート広げた花見客もいないので写真にも納めやすくて気に入っている桜スポットです。

2018桜

息子くんたちも落ちている桜の花びらで遊んだりして春を満喫しながら、走ったり、滑り台したり、楽しんでいました♪

今週末はもうチューリップが満開そうですね。
春は週末ごとにお花を楽しみにお出かけできていいですね(^▽^)/


2018/04/05 07:46 | ハンドメイド大人服COMMENT(10)  TOP

RickRack ワークキャップ&サンバイザー♪

先日、RickRackさんで買い替え専用パターンの販売廃止となるメルマガが届いて、その前にセール開催、となるとついつい覗きに行ってしまい、購入してしました~(;^_^A

RickRackお買い物

以前から気になっていたワークキャップとサファリハット、そして新発売のサンバイザーです。

届いた早々から早速作業開始して、出来上がりました♪

RickRackワークキャップ

パターン:RickRack ワークキャップ 子ども用大サイズ(56㎝)
使用生地:5年くらい前に購入のヒッコリー生地、C&SさんオリジナルナチュラルコットンHOLIDAY/ネイビー、RickRackデニムダンガリー

長男くんも次男くんも頭囲測ってみたら大して変わりなかったので同じサイズにしました。
ヒッコリー生地でキャップをずっと作ってみたかったんです♪

RickRackワークキャップ

裏側は長男くんはC&SさんのHOLIDAYのネイビーを使ったんですが、次男くんの分はインサイドベルト部分しか取れなかったので、デニムダンガリーを使いました。
移動カンはパターンと一緒に購入するの忘れて「しまった!」と思ったのですが、資材を保管している引き出しを物色してみたらちょうどサイズが合う黒のプラ素材のものがあったので買い足すことなく作れました♪

RickRackワークキャップ

真横から見るとこんな形です。

RickRackワークキャップ

それぞれのワークキャップに希望の東京メトロのワッペンを付けました。
なぜか長男くんは右側、次男くんは左側を希望したので、左右対象のような配置になりました。

RickRackワークキャップ RickRackワークキャップ

なんとか着画になるような写真を撮ろうとするのですが、ふざけてしまってなかなか・・・(;^_^A
ようやく正面からまともな写真撮れたんですが、こんな二人で前後になった配置です。
そしてワッペンが見えるように撮りたいと思ったら、こんな向かい合わせになりました。
どちらも大きさは後ろの移動カンで多少の調整はできるので問題なくかぶることができてます。
インサイドベルトがあるおかげで、脱げやすいということもなく、気に入ってかぶってくれています♪

勢いに乗って自分のサンバイザーも作りました♪

RickRackサンバイザー

パターン:RickRack サンバイザー
使用生地:C&S 天使のリネン・コットンプルメリア/マッシュルーム

このパターンはワークキャップに比べると、縫う箇所も少なく、あっという間に出来上がります♪
これなら色違いで濃いめのカラーも作ってみたいなと思います(^▽^)/

RickRackサンバイザー

生地ははぎれで残っていてちょうど使えそうな組み合わせから♪
以前ブラウジングブラウスを作ったコットンプルメリアとパタレさんのドロップショルダーTブラウスのキットに入っていた天使のリネン、どちらも同じマッシュルームというカラーだったので組み合わせてみました。

RickRackサンバイザー

いつもは首から下しか載せない着画ですが、さすがに帽子ではそれでは実際の着用の雰囲気をお伝え出来ないので、恥ずかしながら載せてみます。
室内で鏡のある脱衣所で撮ったため、帽子本体は色飛んじゃいましたが、雰囲気だけは伝わるかな?
出来上ってすぐに撮ったので腕にはkiyolileaさんに以前いただいた針山を着けたまんまです。
本当にソーイングタイムにこの針山大活躍しています(^▽^)/
髪型もそれほど崩れることなく、着用できそうなので、早速通勤で使い始めています。
毎年春から夏にかけて、自転車通勤の毎日十数分の直射日光でも日焼けしちゃうので、今年はこれで4月から日焼け対策始めます!

クルール コーマベア天竺サンプル

そして次なるソーイング計画も♪
何となくこの春はいつもとは違う色を着たい気分になっていて、クルールさんからコーマベア天竺のサンプルをお取り寄せしてみました。
以前受けたカラー診断でサマーという結果で、その時にサマーの人が似合うであろうカラー見本帳をもらっているので、その見本帳の中で似ている色があるか探してみました。
すると、すみれとフラワーピンクが合いそうなことが分かり、この2色でまた春ニット縫いたいな~なんて思っているのです。
が、なんだか陽気が急に春から一気に20℃超えの初夏!?なんてことになっているので、もしかしたら来春用になってしまうかもしれないですね(;^_^A

ロックミシン 

ミシン周りでは、ちょっと変えてみたことがひとつ。
有名なソーイングブロガーさんが通われている洋裁教室の先生がしていた方法をご紹介してくださっていて、私もこれはいい!と思って早速実践。
ロックミシンの糸くず入れのビニールをジッパー付きの袋の底を切って、その底の方を上にしてセットする、というものです。
これならビニールが糸くずでいっぱいになるたびに付け替えなくても、下のジッパー部分を開けてゴミ袋に中身だけを出せばOKです♪
みなさんミシンライフが快適になるようにいろいろ工夫されて楽しまれていますよね!
とってもいい方法をいることができて感謝です♪

長男くん作品

最近の長男くんの作品。
兄弟でお医者さんごっこをしている最中に、「なにか作りたい」と言い出して、いらない段ボールをハサミで切りだして、いつの間にかこんなものが出来上がっていました。
どうやらお医者さんが診察時にカルテを打ち込むためのPCのようです。
なんとも芸術的なPC画面ですが、解読するとどうやら患者は次男くんで、ドクター長男くんの診断はインフルエンザ。
あっさりと「きをつけてください。」という言葉のみです(笑)

図書館本

そして最後は図書館本。
とてもじゃないですが、読書家なんて言えないくらい読むのは遅いのですが、先日はちょっと読書熱に火がついて、珍しく雑誌や洋裁本ではないものを4冊借りました。
映画ドラえもんを観て、大泉さんのエッセイが読みたくなって借りましたが、これは読んでいるとついつい笑っちゃうので、職場の昼休みは電車移動では怪しい人になっちゃうので不向きです(笑)
息子くんたちが喜びそうな生き物の本を探していたら見つけた人気の『ざんねんないきもの事典』。
読んでいると生物って本当に不思議~と感心してしまいますね。
雑誌『クーヨン』で連載されている脳科学者の池谷雄二さんの本。
これは脳科学者であり二児の父でもある池谷さんから見た子供の成長を脳科学という視点からとても分かりやすく書かれています。
子供の成長を見て冷静に、少しは子どものイヤイヤなども「これだけ脳が成長したってことなのね~」と思いながら、落ち着いてやり過ごせる、かな?(笑)
『昆虫はすごい』はウテさんが読後感をブログで載せられていた『バッタを倒しにアフリカへ』の著者の前野ウルド浩太郎さんがご自身のブログで紹介されていた昆虫学者の丸山宗利さんの本。
あまりにも図書館行くたびに息子くんたちが昆虫の本ばかり借りるので、母は母で昆虫に詳しくなってやろうじゃないか、となぜか対抗心が燃えてきてしまい借りちゃいました(笑)
虫を見るのも苦手なんて方にはおすすめできないですが、もはや毎日息子くんたちのおかげで虫の本やDVD、フィギュアなどが当然のようにある環境に慣れてしまった私は抵抗なく読んでます(笑)
つくづくとっても小さな昆虫の中にある本能や習性のすごさにただただ感心して、生命のすごさを実感してます。

なんて読書感想載せていますが、実はどれもまだ読みかけです(;^_^A
返却期限までになんとか読み切りたいですが、たぶん何冊か延長になりそうです~

2018/04/01 08:18 | ハンドメイド小物COMMENT(8)  TOP

 | BLOG TOP |