Pearl in Heart 2018年08月
FC2ブログ

ヒューモンガスさん生地でショップコート♪

6月の日暮里初訪問で購入したヒューモンガスさんのインドプリントのレーヨンツイル生地、形にしてみました♪

このブログでもインスタでも何に仕立てようか悩みに悩んでいろいろと相談してしまいましたが、やっぱりこのパターンです!

インドプリント ショップコート

パターン:『C&Sてづくりでボンボヤージュ』より ショップコート Mサイズ
使用生地:ヒューモンガス インド木版プリント生地 レーヨンツイル

購入したのは110㎝幅で2.9mくらいですが、ちょうどこのパターンでほぼほぼぴったり使い切りでした。

インドプリント ショップコート

前端は三つ折り処理なのですが、後ろは共生地のテープ始末です。
背中心の合わせは折り伏せ縫いです。
購入した時からわかっていたのですが、この生地は織が緩めでよれやすいので、ロック始末では心もとなかったので、縫い代始末は丁寧に仕上げました。

インドプリント ショップコート

前合わせはよれやすい素材なこともあり、仕上がったときは右前の方がなぜか下がって出来上ってしまい、落ちやすい素材だからかな~と気にしないことにしようかと思ったのですが、よくよく見ると裁断時に左右の上前身頃が地の目がずれてしまったようで、仕上がったときの違和感はそれが原因でした・・・。
もう気が付かないことに・・・とも思ったのですが、やっぱりそれではせっかく気に入って購入した生地が台無しだし・・・と気を取り直して、部分的に解いてやり直しました。
写真は修正後なんですが、とりあえず同じくらいの位置に縫い目がきたから大丈夫かな♪

インドプリント ショップコート

すべて袖付け付近の縫い代始末です。
脇は袋縫いにしました。
ほつれやすい生地だったので、折り伏せ縫いや袋縫い始末で正解だったように思います。

インドプリント ショップコート

こちらは後ろ側。
なんか写真だとあまり前後の違いが分かりにくいですね(;^_^A

インドプリント ショップコート

上後ろ身頃は背中心で剥ぎ合わせ、下身頃はわで裁っているので、上下逆のT字の縫い合わせが後ろにはできるようになります。
ここは柄合わせしておかないと目立つかな~と思ったので、とりあえずよれやすい生地ではあるのでおおざっぱに背中心だけは合わせてみました。

せっかくなのでいろいろ着画撮ってみました。

インドプリント ショップコート

インに白タンクトップとC&Sフランス織の綾コットンで作った大人のワイドパンツを合わせてみました。

インドプリント ショップコート

パターンレーベルさんの七分丈のワイドパンツと。

インドプリント ショップコート

既製品のデニムと。

インドプリント ショップコート

wildberryさんの天竺ニットワンピと。

案外なんでも羽織っても違和感ないかも~♪
長袖なのでちょっと早めの秋口まで活躍しそうです。

インドプリント ショップコート

後ろはこんな雰囲気です。

インドプリント ショップコート

旅行2日目は出来上がったばかりのショップコート着てみました。
WBさんのニットワンピの上に羽織って、naniIRO生地で作ったsnappylifeさんのbackpackを背負ってます。
ブルー系で合わせてみました。
柄×柄だけどいいかな~?

旅行スタイル

ちなみに旅行1日目は美濃羽まゆみさんの最新刊より作ったホワイトリネンのスタンドカラーのシャツワンピースに大人のワイドパンツとパタレさんのサコッシュでした。
サコッシュはもちろん2日目も肌身離さず身に付けていましたが、ちょどいい大きさで大活躍でした~♪

スポンサーサイト

2018/08/12 02:01 | ハンドメイド大人服COMMENT(5)  TOP

パターンレーベル ボックスボストンバッグ&サコッシュ♪

昨年の夏の旅行帰りに電車内に置き忘れ、そのまま見つからず紛失してしまったパターンレーベルさんのボックスボストンバッグ、リベンジしました!

幸いにも全く同じ生地がまだ余裕で余っていたので作れました~♪

パターンレーベル ボックスボストンバッグ

パターン:パターンレーベル ボックスボストンバッグ Lサイズ
使用生地:ブロ友ビンゴさんより頂いたナイロン素材の撥水防水生地ブラック

肩ひもも資材セット購入して、装着!

パターンレーベル ボックスボストンバッグ

タグも縫い付けて、完成度アップ!

パターンレーベル ボックスボストンバッグ

革タグもファスナーのスライダーに付けて開け閉めのたびにニンマリです♪

パターンレーベル ボックスボストンバッグ

内布は先月快晴堂さんのアトリエセール訪問時にハギレBOXから発掘したイエローのギンガムチェック生地です。
昨年作ったときは白地にブラックの細ストライプ生地を使用していて、その組み合わせも気に入っていたので同じにしようと思ったのですが、他のものに使ってしまっていたので、すでにもうはぎれくらいしか残っていませんでした(;^_^A
でもこのイエローチェックとブラックの表地との組み合わせも好きかも♪


そしてサコッシュも作りました~♪
サコッシュは職業用ミシン購入後に作ったので、このサコッシュが記念すべき職業用ミシンの作品第1号です!
さすが職業用ミシン!
生地が重なって厚くなってしまったところもしっかりと縫えました。
そして家庭用ミシンではいつもうまく縫えなくて糸がぐしゃぐしゃになるようなところもきちんときれいに縫えました!
やっぱりひっかかりなくスムーズに縫えるって気持ちいいですね!
もっと職業用ミシン使っていろいろ作りたいなぁ~と欲が出てきました(^▽^)/

パターンレーベル サコッシュ

パターン:パターンレーベル サコッシュ
使用生地:ブロ友ビンゴさんからの頂き物(ボストンと同じ生地)

旅行用にミニサイズではないサコッシュが欲しくなり、旅行前にぜひともボストンバッグとセットで作っておきたいと思ったのですが、なんとか出発数日前に完成させることができました。

パターンレーベル サコッシュ

この後ろ側のポケットがかなり役立ちます!

パターンレーベル サコッシュ

そして前と内側のポケットもいい仕事してくれます!

パターンレーベル サコッシュ

このサイズが欲しくなったのは、最近買い替えたお財布が大きかったからでもあります。
長財布なんですが、今まで使っていたものよりも一回り大きいんです。
だから、サコッシュだったら入るかな~と作ってみたらピッタリ♪
出し入れも苦にならないサイズ感で収まり、旅行中も貴重品を身に付けるのに大活躍でした!

パターンレーベル ボストン&サコッシュ

こうして私なりの旅行セット完成!
ブラックだからきっと息子くんたちが高学年になったら移動教室や修学旅行でも使ってもらえるはず♪

旅行スタイル

ちなみに旅行中はこんな感じで身に付けてました~♪

2018/08/12 01:51 | ハンドメイド小物COMMENT(2)  TOP

群馬旅行2日目♪

旅行2日目は朝食を食べたらすぐに出発!
高崎駅からJR両毛線に乗って前橋駅まで移動。
そこから徒歩で中央前橋駅まで移動しました。
中央前橋駅は上毛電気鉄道の駅です。
駅に着いたら券売機を見ると、ICカードは使えません、という表示が目に入り、切符を購入すると駅員さんがまさに切ってくれました~♪

群馬旅行2日目

列車が来るのを待っているとやってきたのはこんなレトロなワンマン列車でした。

群馬旅行2日目

車内は「はしる水族館」ということで、壁にいろいろな海や川の生物が描かれていました。
そしてワンマン列車なので、途中で停車する駅は無人駅もあり、無人駅で乗降する際には、ドア付近にある整理券を取って乗車して、運賃表に記載されている料金分の小銭と整理券を運賃箱に入れて降りる、という仕組みでした。
バスではありますが列車では初めてだったので、息子くんたちよりも私の方がワクワク~♪

そして目的の駅は新里駅。
下車して、駅では事前に予約しておいたデマンドタクシーというものに乗りました。
デマンドタクシーは乗り合いタクシーのことで、今回のものは新里町内と隣町の病院のみに行先を限定しているもので、料金は一律大人300円、小児150円というお財布にも優しい移動手段です。

群馬旅行2日目

こうしてタクシーでやってきたのは群馬県立ぐんま昆虫の森です。
以下HPの紹介文です。

全国的にもユニークな「昆虫」をテーマにした体験型教育施設です。
45ヘクタールの敷地に雑木林や棚田、畑、小川などの里山を再現。
そこで暮らす昆虫を探し、手に取り、その生態をじっくり観察できます。
昆虫観察館では里山の生きものや世界の昆虫をいつでも見ることができ、亜熱帯の植物が生い茂る温室では、日本最大級のチョウ「オオゴマダラ」が飛び交い、間近で観察できます。
そのほか、昆虫クラフトやふれあいコーナーなど各種プログラムも楽しめ、かやぶき民家では四季折々の自然を感じられる里山生活が体験できます。

という今の息子くんたちにはぴったりでは、という施設です♪
この建物の設計は安藤忠雄さんということでした。

群馬旅行2日目

早速温室内を散策♪

群馬旅行2日目

オオゴマダラ、とってもきれい~♪
ひらひらと優雅に舞うチョウの姿に癒されました~♪
息子くんたちは飼育展示されている世界中のカブトムシやクワガタにも夢中になっていました。

群馬旅行2日目

息子くんたちが一番夢中になったのは、虫探し!
やはり自らの手で探して見つけて触れてみる、に勝る体験はないですよね。
バッタエリアではショウリョウバッタやオンブバッタ、チョウやトンボなどがいました。
ガイドさんと一緒に巡って様々な昆虫を観察するツアーもあったので、参加するとカブトムシやクワガタ、そのほかいろいろな虫や植物を見せていただけて、大人も楽しめました。
結構子どもに同行しているパパさんたちもいろいろな虫を見つけてました。
たっぷり3時間ほど昆虫の森で楽しんだ後、またお迎えをお願いしてあったデマンドタクシーに乗車して新里駅へ。

群馬旅行2日目

もちろん無人駅です(笑)

群馬旅行2日目

帰りの列車では息子くんたち二人とも寝ちゃいました♪
そのあと高崎駅まで戻り、新幹線に乗って無事に自宅まで帰宅しました。
今年は気を付けたので、忘れ物もなしです!

なんとか私一人でも息子くんたち二人を連れての一泊二日の群馬旅行終えることができました~♪
振り返ると乗り物三昧の旅でした。
新幹線、蒸気機関車、トロッコ列車、上毛電気鉄道、タクシー、たくさんの種類の乗り物に乗りました。
そして今の興味に合わせて昆虫施設にも行けましたし、家族で楽しめる旅行ができたかな~♪

また来年も何か楽しい旅行プランを考えてみようと思います。
今回の旅行で息子くんたちも温泉楽しめることが分かったので、
来年は私も楽しめる温泉ゆっくり、もぜひ取り入れたいです(^▽^)/

2018/08/10 06:02 | 子連れお出かけCOMMENT(2)  TOP

群馬旅行1日目その2♪

終点の横川駅には碓氷鉄道文化むらがあります。
ここで遊んで時間つぶしてまた帰りのSLに乗車して高崎駅に戻る、という計画です。

群馬旅行1日目

が・・・とにかくお天気が良かったのはいいのですが、暑い!
なかなか屋外に展示されている車両を見学するのも辛いくらいでした(;^_^A

群馬旅行1日目

そして涼しいのはジオラマ展示のある資料館。
もれなくお土産物屋さんもあるので・・・・。
我慢が苦手な長男くん、どうしても何か買わないことには気分良く過ごしてくれなさそうなので、結局買わされました・・・(;^_^A
次男くんはちゃんと見るだけができるのになぁ~
これはふたりの性格の違いなんでしょうね。

群馬旅行1日目

空き時間は3時間くらいだったので、鉄道文化むらを楽しんだ後は、廃線となった線路を利用して運行しているトロッコ列車に乗って20分ほどのとうげのゆ駅へ。
子連れ旅行だから温泉はないなぁ~と思って考えていなかったのですが、あまりの暑さにさっぱりしたくなりました♪

群馬旅行1日目

私は女湯へ、長男くんと次男くんは男湯へと消えていきました~
しかし、分かれて入ってしまうととにかく息子くんたちが気になる~!
「とりあえず出たところで待ち合わせね!」と言い聞かせたものの、心配で私は湯につかるのは数分ですぐに上がって息子くんたちが出てくるのを待っていたのですが・・・。
息子くんたちちっとも出てこない!?
「あれっ!?」と思いながら待っていたら、だんだんと帰りのトロッコ列車の発車時刻も迫ってくるので私ひとり焦ってきました・・・。
男性の係員の方に男湯の様子を見てもらうようお願いすると、ちょうどやっと出てくるところでした。
「ずいぶんゆっくり入っていたね~待ってたんだよ」というと、「うん、たっくさん入っていたよ~おふろふたつ入った!楽しかったよね!」と次男くんに話しかける長男くん。
「うん!たのしかったね~♪」と答える次男くん。
どうやら母の心配をよそに息子くんたちはたっぷりと温泉を楽しんでいたようです(笑)
次回温泉に入るときには私ももっとゆっくり入ろうと思います(;^_^A

群馬旅行1日目

乗れるか心配になってしまった帰りのトロッコ列車にも間に合いました♪
しかし、このトロッコ列車の車両にも冷房ついているのですが、それでも暑い・・・。
なかなか暑さから逃れることができません~

群馬旅行1日目

碓氷鉄道文化むらの横を通り過ぎていきます。
こんなレトロな車両たくさんあったのですが、あまりの暑さにあまり見ることができませんでした(;^_^A

群馬旅行1日目

帰りもSLレトロ碓氷に乗りました。
暑い中でも汗を流しながら作業する鉄道員(ぽっぽや)さん渋い!かっこいい!と思いました~♪
帰りもレトロ客車だったのでまた冷房なしの暑い車内でしたが、景色を楽しみつつ戻りました。

群馬旅行1日目

高崎駅に着いたらホテルへ。
泊ったのはホテルメトロポリタン高崎のD51ルーム!

群馬旅行1日目

D51 498の原寸車体を模した壁紙や、運転台内部を360度ビューで細部まで見ることのできるタッチパネル式ディスプレイの他、
大画面テレビで見るD51 498の出発シーンや普段見る事のできない貴重な映像や画像を納めたオリジナルコンテンツを楽しめる、というとにかくマニア度満点なお部屋でした(笑)
カードキーまで特別仕様だったのには、ホテル側のこだわりを感じました。

群馬旅行1日目

もちろんバストイレスペースも抜かりなし!

群馬旅行1日目

窓からは高崎駅に発着する列車を見下ろすことができました。
こうしてホテルでもたっぷり蒸気機関車を楽しんで夜となりました~♪

2日目に続きます(^▽^)/

2018/08/09 06:11 | 子連れお出かけCOMMENT(0)  TOP

群馬旅行1日目その1♪

今年の夏の旅行は群馬県を計画してみました。
ですが!出発数日前から次男くん発熱!
もうキャンセルか・・・もしくは次男くんは義実家にお願いして長男くんと二人旅にしようか・・・と悩む事態になったのですが、なんとか前日に旅行へ行けそうなくらいには回復した様子だったので、意を決して行ってきました!

群馬旅行1日目

まずは東京駅。
早めの時間の新幹線だったので、間に合うかヒヤヒヤでしたが、間に合いました!
この様子をインスタにアップしたらミラクルなことが!
なんと数少ないフォロワーさんもほぼ同時刻にこのホームにいたそうです。
下に載っているはやぶさに乗ったそうです。
びっくりなニアミスでした♪

群馬旅行1日目

私たちはMaxときに乗車です。
そして息子くんたちやっと先月出来上がったチェックシャツ着てくれました~♪

群馬旅行1日目

高崎駅で下車して、今度は蒸気機関車に乗ります♪

群馬旅行1日目

ホームへ降りていくエスカレーターの壁から蒸気機関車の雰囲気満載です。

群馬旅行1日目

ホームの停車位置の表示も蒸気機関車♪

群馬旅行1日目

待っているといよいよ電気機関車にけん引されてやってきました~

群馬旅行1日目

前後に蒸気機関車と電気機関車に挟まれて走るようです。
こちらは蒸気機関車のC6120。
この路線には転車台がないため、蒸気機関車の向きを変えることができないため、前後に機関車がついているそうです。
そのため電気機関車が先頭の時は「ELレトロ碓氷」、蒸気機関車が先頭の時は「SLレトロ碓氷」となるそうです。

群馬旅行1日目

いよいよわくわくして乗車。
客車もレトロ~♪
でもここでやっと気が付きました。
レトロ客車ということは・・・冷房設備なしでした!(;^_^A
天井に備え付けの扇風機と走っているときに窓から入ってくる風、そして手に持っているうちわに頼って暑さをしのぎながら乗る、というちょっと過酷な環境でした・・・。
夏のSL乗車要注意ですね~

群馬旅行1日目

それでも走っているうちにだんだんとのどかな景色になってきて、観光気分♪

群馬旅行1日目

乗車中の様子。

群馬旅行1日目

よく見たら窓側に備え付けの棚には「センヌキ」の表記がありました。
ここにも時代を感じますよね~
当時は飲み物といえばビンの飲料が主流だったということですよね。

群馬旅行1日目

乗車中にはプチイベントのようなものもあり、トレーディングカードを頂きました。
今回はC6120でしたが、D51498が走ることもあるようです。

群馬旅行1日目

こうして無事に終点の横川駅に到着しました♪

長くなるのでその2に続きます(^▽^)/

2018/08/08 08:00 | 子連れお出かけCOMMENT(0)  TOP

職業用ミシン♪

先月、平日に都内に用事があった日に、ようやく職業用ミシンを見てきました!

ミシンプロ

訪問したのは新宿にあるミシンプロさん。
行ってみると新宿駅南口から徒歩3分にもかかわらず、新宿歩き慣れていないので十数分かかりました(笑)
着いてみると雑居ビルの1室です。
勇気を出してインターホンを押すと中から「開いてますよ~どうぞ~」という返事。
中に入ってみると、60代くらいの男性が店主さんで、先にお二人のお客さんがいらしてました。
他のお客さんへのお話などをなるほど~と聞きながら、待っていましたが、ミシンを求めている方もいろいろなんだな~と感じました。
当日、来店していた方は、お一人は犬服の製作販売をしている(かこれからする)らしい方と舞台衣装を縫いたいという方だったようで、それぞれの方たちに豊富な知識でお話している内容を聞いて、店主さんのお人柄の良さ、個性的な趣味や思考、面白い方だな~と感心しきりな私。

そして私の番になったので、今の縫っているもの、家庭用ミシンで感じる限界や、これから何を縫いたいかなどお話しました。
そして購入したい、という気持ちは決まっているものの、迷っていることを3点ほど挙げました。

①職業用ミシンのメーカーはどれにするか。
②家庭用ミシン針と工業用ミシン針、どちらを使えるものがいいのか。
③厚地を縫うときはそれぞれの機種で違いはあるのか。

①に関しては、職業用ミシンのシェアはやはりJUKIがトップ。
トップということは、それだけの台数を製造しているから性能としての安定感がある。
JUKIは職業用ミシンに力を入れているということは、修理対応もできるということ。
職業用ミシンは1台当たりの単価が高価である分、ユーザーは故障があった際に買い替えよりも修理を求める、だからこそ長く使えるように開発していることはもちろん、修理もすぐに買い替えを勧めるということなく、対応してくれる。

②に関しては、家庭用ミシン針はあくまで家庭でそう多くない頻度で使用することを想定して製造しているのに対して、工業用ミシン針は毎日何時間も使用することを想定しているので、針の強度が違う。
私の場合は、ミシン修理に来ていただいた際に、「家庭用ミシンの想定する使用頻度以上に使われていますね」と言われていることをきっかけに職業用ミシンの購入を考え始めているのだから、その時点ですでにもう家庭用ミシン針という選択肢はないのでは。

③に関しては、いくら職業用ミシンが厚地に強いと言っても、機種によってその限界が少し違う。
どこまでの厚地を縫う可能性があるか、によって選ぶ機種は決まってくる。
そしてどれほどの職業用ミシンであっても、生地が何重にも重なる場所は必ず低速または手送りでゆっくり縫う、が原則である。

ということでした。
そのほかには、職業用ミシンだからってただどんな素材でも縫えばきれいに縫えるということではなく、取付できる工業用ミシンの押さえの種類でも、例えば、テフロン押さえというカテゴリーでも工業用ミシン部品では50種類以上あるそうです。
工業用ミシンはそれぞれが特定の素材や工程をきれいに縫えるよう調整して、専用に使っているからこそきれいな仕上がりになる。
職業用ミシンはそうではなく、1台でいろいろな素材を縫うことを目的にしているので、ミシンの力とテクニックだけで何とか力技で使いこなそうとするのではなく、その素材や工程に適した部品を適宜付け替えて使いこなす、ということが必要だそうです。

JUKI職業用ミシン

以上のことを聞かせていただいて、私が選んだのは、JUKI職業用ミシンSL-700EXです。
この機種はパターンレーベルさんでも使用されているというJUKIの最新機種です。
SL-300EXとも迷ったのですが、より厚地に強いのはこちら、ということと、「予算に余裕があるなら断然700!」という店主さんの一言に押されて決定!(笑)
だってわざわざ新宿までこのミシンのために来たわけですし、ここでケチって何のために普段仕事しているの!という心の声に後押しされました(笑)
SL-300EXとSL-700EXは内部の部品は同じものだそうですが、より厚物縫いを得意とする機種がSL-700EXだそうです。
店主さん曰く、「babylockがエクシムプロ極という厚物縫いに強い職業用ミシンを発売したらよく売れて、それに焦りを感じたJUKIが慌てて後続品を開発して発売したな~、モーターも300と同じだしな~と思っていたけど、実物見て縫ってみたら、やっぱりいいねって思ったよ~。ただ発売して間もないからまだミシンのどの部分の故障が多いかとか、そういう使用していくにあたって必要となるデータがまだ乏しい、というのだけは仕方ないけどね」ということでした。

JUKI職業用ミシン

SL-300EXと外見だけで違うのはこの糸掛けの部分のようです。
SL-700EXは厚地を縫うために太糸を使用する際に、糸掛けも少し違うかけ方をするようになっています。
あと厚物用の針板も付属品で付いてます。

JUKI職業用ミシン

とりあえず、揃っているのはこんなアクセサリーたち。
標準装備のものと店主さんのサービスで付けていただいたプロキットというセットのものです。
上からボビンケース、ボビン、厚地用スムース押さえ、ファスナー押さえ、三つ巻押さえ、マグネット定規(これ便利ですね!)。
下はスムース押さえ、コンシールファスナー押さえ、右段付押さえ(1.5mm)。
あと写真には撮らなかったけど、キルト用押さえもあります。
こうしてとりあえずお迎えした職業用ミシンですが、一番気をつけないといけないのは、使用時に適宜注油していくことでしょうか。
それを怠ると数年後にモーターが焼き付くという恐ろしい故障の原因になるそう。
せっかくの高価なお買い物、長く相棒としてお付き合いできるように、私からもお手入れという愛情を欠かすことなく、継続していこうと思います。

JUKI職業用ミシン

そして、しふぉん@ばぁばさんのブログでもご紹介されていたインベルガイドも作ってみました。
こういう道具の工夫もこれからは積極的に取り入れて、よりきれいに仕上げられるように精進していきたいと思います!

そうそうすっかり書き忘れていましたが、操作時の音の大きさは全然気になりませんでした。
なぜかというと今まで使っていた家庭用ミシンはボタン操作だったので、縫う時とストップするときに必ず「ピッ!」と電子音が鳴っていたんです。
職業用ミシンは足元のペダルを踏むだけでスタートするので、その電子音がないだけでもすっごく静かに私は感じてます♪

職業用ミシンまでお迎えしちゃって、私の趣味いったいどの方向へ向かっているのか・・・!?
あくまで本業は違うので、趣味として、でも趣味の枠を意識せずにやれることはとことんやってみようと思っています(^▽^)/
とっても個性的でエネルギッシュなミシンプロ店主さんにお会いして、なんだかもっといろいろやれるかも!やりたいかも!と思わされました♪
やっぱりパターン基礎から学びたいなぁ~という意欲もムクムクです!
子育て中はなかなか難しいですが、できることからコツコツと取り組んで、自分の楽しみをより深めていけたらいいな、と思います♪

2018/08/04 09:25 | ソーイング道具COMMENT(11)  TOP

 | BLOG TOP |