Pearl in Heart
FC2ブログ

JUKI × PTLコラボワークショップ その2♪

さて、楽しいランチタイムは終了して、ワークショップは午後の部です。

JUKI × PTLコラボワークショップ

ファスナー付けは午前中に終わっていたので、午後は両端を縫って、テープで端処理をします。
これで本体は完成です!

JUKI × PTLコラボワークショップ

反対側に内ポケットも付いています♪

JUKI × PTLコラボワークショップ

そして肩ひもを仕上げてすべて完成です!
最後の仕上げは丈夫な生地が仕上げテープも含めると6枚も重なりますが、さすが最新の職業用ミシンなだけあって、難なく縫えました♪
肩ひもを仕上げるときも家庭用ミシンではいつもミシンが悲鳴をあげるところですがここも問題なし!

JUKI × PTLコラボワークショップ

このワークショップでユーカ先生がオリジナルと変更を加えた点は、この底の仕様です。
オリジナルでは底マチがありますが、コーデュラナイロンは普通のナイロンの7倍もの強度がある生地なので、今回はマチなしでぺたんこなサコッシュにアレンジされていました。

この他にワークショップでユーカ先生から知ったことや聞いたことは、
・糸は厚地用の30番ではなく60番を使用
・針目は2.6mm~2.7mmくらい
・作る前には必ずテキストを熟読してね!
・PTLのパターンはいつも新作を出すときにはお客様が新しい知識を得られるように新しい縫い方をお伝えできるようにしています。
・パターンはその当時最適と思われる内容にしているので、今のパターンだとポケットはスマホが入っても落ちたりしない深さにしていますが、かなり前のパターンではスマホ普及前に考えたものなのでポケットの深さが違ったりします。作るときにはそのことも考慮してね。だからパターンとしてはやはりHP上でトップの方に出てくる新しいものがおすすめ。
・パターンはできるだけお客様からご要望の多いもの順に出すようにしていますが、最近は大人服が多くなっています。きっとお客様のお子さんたちも大きくなってきて、自分用の大人服にみんなシフトしてきたのかな、と感じています。
・今後は子ども服は書籍で一気に発表、という流れになりそうです。(どうやら春くらいに新刊予定あるかも!?)

などなどいろいろお伺いしちゃいました~♪
さらに個人的には、コンフォートレディースシャツの補正方法も相談させていただき、親切に教えていただいたので、ぜひシャツもまた作りたいと思います!

JUKI × PTLコラボワークショップ

皆さん、作業が早く終わり、終了予定時刻の15時まで余裕があったので、JUKI社員さんによるアタッチメント講習会もちょこっとしていただけました~♪
これはパイピングテープ用のアタッチメントを実演してくださっているところ。
驚くほど簡単に、きれいにパイピングテープを作って、縫い付けまでできてしまいます。

JUKI × PTLコラボワークショップ

その秘密はアタッチメントの底部にある矢印部分の溝。
この溝にテープがしっかりと収まるのでずれなく、きれいに仕上がるそうですよ!
早速その場で購入を決めている参加者さんもいらっしゃいました。

JUKI × PTLコラボワークショップ

そのほかに教えていただいたことは、SL-700EXのこの上についているつまみ。
これを回すと横線が見えてきます。
横線が見えてくると~

JUKI × PTLコラボワークショップ

押えが下ろした状態で、少し浮くようになるんです!
そうなると押えを下ろしても少しゆとりがあるので、ニット生地を縫う時や縫いずれが起こりやすい素材を縫うときにきれいに仕上げることができるそうですよ~
これはこのミシンを使い始めたばかりの私はまだ気が付いていなかった機能だったので、知ることができて良かったです!
他にも作業中に返し縫いボタンを半押しすると、針位置が少しだけ戻るそう。
一針まで戻るのは戻りすぎ、でもちょっとだけ戻りたい、って角を縫うときにありますよね。
そんな時に便利な機能ですね!
案外知らない機能がまだまだ潜んでいるかも、と思いました!

時間に余裕を残しての終了だったので、無事完成したらみなさん緊張がほどけてリラックスしておしゃべりも楽しませていただきました~♪
このワークショップを楽しみにしていたことはもちろん、普段からPTLをどれだけ愛用しているか、今まで何を作ってきたか、などなどいろいろと楽しく情報交換です。
そして驚いたことに、インスタでつながりのある方もこのワークショップに参加されていました~♪
その方も参加されることはインスタの投稿で事前に知ることができたものの、参加者さんの中のどなたかまではわからず・・・。
どうしようかな~と思っていたら、話しかけに来てくださって、無事ご挨拶を交わすことができました!
私だと確信したのは、テーブルの上にこの日のために作ったソーイング用ポーチや裁ちばさみケースを置いていたから♪
ブログやインスタに参加前にアップしておいて良かった!
ポーチたちがいい目印になってくれました~(^▽^)/
ちょうどその時の「初めまして~♪」の会話を交わしているときの様子はJUKIさんのHPでバッチリと紹介されていました!
きっと私がテンション高く騒いでいたんでしょうね~(笑)(;^_^A

JUKI × PTLコラボワークショップ

楽しい時間はあっという間に終わってしまい、終了時刻を迎えてしまいました・・・。
最後にはユーカ先生とのツーショットも撮っていただきました♪
横に私が並んでいるのはお目汚しですが、ぜひユーカ先生がお召しになっているクラシカルワンピースの全体をお見せしたかったのでカットなしで載せます。
ユーカ先生は確かMサイズを着ているとお話されていました。
このワンピースはなかなかハードルが初心者の方では高いかもしれないけれど、見返し処理、コンシールファスナー付け、カフス作り、ギャザー寄せ、などなどたくさんの洋裁知識を習得できるようになっているそうです。
1着作ったらかなりの達成感ですね!
そしてパターンを考えたときにリバティ生地を使っても野暮ったくならず、リバティが映えるパターンを、との考えもあって作られたパターンだそうです。
なんて書きながら実は私はまだ購入していないんですが・・・。
ユーカ先生の「PTLのパターンはパターンごとに新しい縫い方のご提案をしています」という言葉を聞くと、作る予定はなくてもテキストだけでも読みたい気持ちになってきました~(笑)

とってもとっても楽しかったワークショップ、今回は運よく参加できました!
もしまた機会があればぜひぜひ参加してみたいと思います(^▽^)/

2018/11/02 06:12 | お出かけCOMMENT(8)  TOP

JUKI × PTLコラボワークショップ その1♪

10月30日、楽しみにしていたお出かけへ行ってきました♪

それはJUKI本社が会場のPTL(パターンレーベル)さんのワークショップです!
数か月前に同じワークショップに申し込みして参加した経験のあるkiyolileaさんが申込み成功の秘訣をご親切に教えてくださり、それを参考に数分で満席になるという厳しい条件をクリアして申し込みに成功しました~♪
教えてくださったkiyolileaさんに感謝感謝です!

そして待ちに待った当日、ワクワクしながら多摩センター駅を降りて・・・

JUKI × PTLコラボワークショップ

目の前にJUKI本社ビルが現れました~♪

JUKI × PTLコラボワークショップ

ビルの前には重機神社。
『重機神社は1942(昭和17)年4月、前身となる「東京重機製造工業組合」時代に建立。伊勢神宮(三重県)、南宮大社(岐阜県)、大國魂神社(府中市)の3神を祭る。このうち、南宮大社で祭られている金山彦命(かなやまひこのみこと)は金属を司る神として「製鉄技術者の守護神」とも呼ばれることから、同神社は同社の事業を見守る「ものづくりの神様」としてこれまで支えてきた。』
(八王子経済新聞2010.04.09より抜粋)というのが、重機神社だそうです。
多摩市に本社を移した際に、それまで本社の所在地であった調布市から遷座したそうです。

JUKI × PTLコラボワークショップ

いよいよビルの中へ!
正面のドアはもちろん大きな自動ドア。
たぶんステンレス製と思われるこんなデザインのドアでした。
たぶんこれもJUKIという会社を象徴するようなデザインとして考えられたものなのかな~と感じました。

JUKI × PTLコラボワークショップ

ワークショップを担当される社員さんの案内でいよいよ会場へ!
本社の3階が会場で、エレベーターを降りるとこんな案内がありました。
もう気持ちはワクワクでいっぱいです~♪

JUKI × PTLコラボワークショップ

会場に着くと贅沢にも一人1台ずつJUKIの職業用ミシンSL-700EXと裁断済のコーデュラナイロンの生地がセットされています。

JUKI社員さん、ユーカ先生によるご挨拶が終わり、いよいよワークショップ開始です!

まずはこのワークショップのためにユーカ先生が用意してくださったサコッシュのレシピと完成品を使いながら、作り方手順などの説明です。

JUKI × PTLコラボワークショップ

コーデュラナイロンは目打ちで印をつけると穴が残ってしまうので、水で消えるチャコで印がつけてあります。
アイロンで折り目をつけることはできないので手ぐしでまずはぐいぐいと印をつけていきます。

JUKI × PTLコラボワークショップ

そしていよいよ縫製です!
初めについていた押えはスムース押えでした。
印刷されたレシピ以外にも手書きで効率よく縫える手順が書き込まれているので、それを見ながら、ユーカ先生のお話も伺いながら作業は進みます。

JUKI × PTLコラボワークショップ

ポイント毎にユーカ先生が自ら実演して説明してくださいます。
これはファスナー付けを説明してくださっているところです。
ユーカ先生のお洋服はもちろんPTLの最新作のクラシカルワンピース!
とってもお似合いで素敵!

JUKI × PTLコラボワークショップ

ファスナー付けの時には押えは私も最近購入したばかりの両端が狭い作りになっているジッパー自由押えでした。

JUKI × PTLコラボワークショップ

この日の参加者の方はみなさんPTLのパターンを使用したことがある方ばかりで、作業が割と早く終わっていたようで午前中の目標だったファスナー付けまで進み、もう一つのお楽しみのランチタイムです。
なんとJUKIさんの社員食堂で社食ランチです♪
ランチはもちろんおいしくて、栄養バランスも良さそう♪
こんな素敵ンランチを頂きながら、ユーカ先生を中心に参加者の皆さんとのおしゃべりに華が咲きます。
このランチタイムで、ユーカ先生のPTLのパターン作りのこと、毎回新作を作るときに心がけていること、パターンやレシピに込めている思い、素敵なご家族のお話などなどたくさんのことを直にお聞きできてますます大ファンになりました!

長くなってしまったので続きは次回にします!

2018/10/31 08:03 | お出かけCOMMENT(2)  TOP

小物いろいろ作ってます その2♪

アタッチメントの紹介でもちらちらと見えていた小物のアップです~♪

snappylife鍵付きポーチ

まずはsnappylifeさんの鍵付きポーチ。
生地もファスナーも材料はすべてsnappylifeさんで購入したものです。
表生地は以前長男くんのくるくるbackpackのキットを購入した際のフラッグプリントの防水生地の余り生地です。

snappylife鍵付きポーチ

反対側もフラッグプリントです。
ポップなイメージのポーチになりました♪

snappylife鍵付きポーチ

ファスナーカラーはネイビーで配色テープはサックスです。

snappylife鍵付きポーチ

このポーチ、内側も凝ってるんです♪
ファスナーポケットに、平ゴムをたたきつけたり。

snappylife鍵付きポーチ

収納したのはソーイングセットです。
ソーイング用具を持ち歩くときにきちんと整理しておくことができます。
入れる予定の道具は糸切りはさみ、リッパー、ヘラ、目打ち、ソーイングクリップ、ライター、待ち針です。

snappylife鍵付きポーチ

待ち針はこの夏に出かけた昆虫展で購入したタブレットの空きケースに磁石をくっつけて、その磁石にまち針をくっつけて、カチャカチャ音が鳴らないようにしてみました。

裁ちばさみケース

お次に作ったのは何でしょう?
まずはこんな形にリバティキルトをカットして、上側をテープ始末。

裁ちばさみケース

こんなループも付けます。

裁ちばさみケース

ループの裏側はこうなってます。
始末用テープと一緒に縫い込んで、そのあと折り返して固定してます。

裁ちばさみケース

そして二つ折りしてテープ始末。

裁ちばさみケース

出来上がったのは裁ちばさみケースです。
これも持ち歩くときにあったらいいな、と思ってインスタで検索して、一番自分が求めている形と思ったものを真似っこさせていただきました。

さて、なぜこうしてソーイング道具を持ち歩くための小物を作っているかと言うと・・・
近々、楽しみにしているワークショップに参加予定なんです~♪
そのために作ってみました。
ワークショップについてはまた、参加したら報告レポをアップしたいと思います(^▽^)/

2018/10/28 02:29 | ハンドメイド小物COMMENT(2)  TOP

小物いろいろ作ってますその1♪

最近必要になったものがいろいろとあって、小物作りしてました。

シューズ用巾着

まずは巾着。
大きさはちょうど必要な大きさがパタレさんの入園入学セットのお着替え袋のサイズがぴったりだったので、パターンはそれを利用してます。
マチはなしです。
生地はお友達のビンゴさんから頂いたRickRackさんのイカリ柄の防水生地です。

シューズ用巾着

この巾着に入れたかったものは~
チラっと見せてみる(笑)

シューズ用巾着

チラ見せするまでもなく、バレバレですね。
室内運動用シューズです。
根っからの運動音痴の私、こんなものは一生必要ないと思っていました。
でも次男くんの保育園の運動会は雨天時は必ず体育館で開催することが昨年から始まっているし、今回はPTA行事でビーチバレーボール大会への参加が暗黙の了解でした。
それならばと、ここらで一度きちんとした室内運動用のシューズを購入することにしました。
いつもお世話になっている靴屋さんへ行き、そんな話をしたらちょうどサイズ合うものがあると紹介してくださったのがこのシューズ。
ミズノのフットサル用の男性モデルらしいのですが、サイズが小さいので私でも大丈夫。
履かせていただいたらちょうどよかったので購入させていただきましたが・・・、運動音痴が履くにはちょっといいデザイン過ぎる~(;^_^A
今日がそのビーチバレーボール大会の日でしたが、とっても久しぶりのスポーツ、いい汗かきました!
そして結構楽しかった!
靴屋さんが購入時に中敷きも調整してくださったおかげで、購入したての履き慣れないシューズでもどこも痛くなることなく、しっかりと活躍はしてませんが、とりあえず一任足としてのお務めは怪我無く果たせましたよ~(笑)

シューズ用巾着

前のアタッチメントのところでもこの巾着の製作途中写ってましたが、内布はピンクのメッシュです。
内側は派手にしてみました♪
これをきっかけに少しは運動しないとね~と、今日のビーチボールバレーのときの反応の悪さで実感しました(;^_^A

一気に小物アップするつもりでしたが、長くなったので続きは次にします。

2018/10/27 22:52 | ハンドメイド小物COMMENT(0)  TOP

ミシンアタッチメントいろいろ♪

職業用ミシン、購入してやはり大事だと再認識したのはアタッチメント。
もちろん家庭用でも兼用できるものも多いようなので、職業用ミシンにする前から注目することはできたはずなのですが、私は購入時にミシンプロさんから「職業用ミシン、工業用ミシンと言うものは、縫い手の技術だけで職人技を出そうとする道具ではなく、職業用、工業用だからこそ、それそれの工程に特化した道具がある。それを使いこなすことによってきれいな作品を作りだすことができる」というお話を聞いて、とても腑に落ちるものがありました。

ミシンアタッチメント

それならば、と早速購入時におまけで付けてくださった、右1.5mm段付き押え。
使ってみるととてもいいです!

ミシンアタッチメント

今まで目分量と感覚のみで乗り切っていたコバステッチがピタッときれいに縫えます!

ミシンアタッチメント

そうなると反対側も欲しくなります。
こちらはSUSEI スプリングガイド付き左1.5mm段付き押え。
スプリングガイドがついているので、しっかりと左側をガイドしてくれます。

ミシンアタッチメント

ピタッと端がきれいに縫えました!

ミシンアタッチメント

段付き押さえはテープ処理でも有能です。
折り目さえきちんとしていれば、裏側のミシン目が落ちることもなく、縫いあがります!

ミシンアタッチメント

他に購入してみたのはSUISEI ジッパー自由押え。
両側2.5mmの幅しかないコンパクトな押えです。
家庭用ミシンに付属されていたファスナー押えは左右が変わるたびに、押えも付け替えて調整するものでしたが、これなら左右どちら側でも付け替えなく縫うことができてスムーズに作業が進みます。
少しの違いのアタッチメントですが、これが作業に大きく関わってきますね。
購入してみたけど、まだ使う工程がきていない押えもあるので、それはまた使ったら紹介してみようと思います。
今回の押えはどれも家庭用ミシンでも使用可能だそうなので、家庭用ミシンを使用している方もぜひ機会がありましたら使ってみてください!
やはり道具は大事、この一言に尽きます!

最後にこうして揃えてみたアタッチメント類、すぐに取り換えできるところにそろって保管していないと、急いで作っているときや怠け心が出てきてしまったときに使用せずに『宝の持ち腐れ』なんてことになりかねません(笑)

ミシンアタッチメント

そこで百均でこんな小さなマグネットを購入。

ミシンアタッチメント

ミシンの周辺でくっつく場所を探してみると・・・
ひざ上げレバー部分がちょうどマグネット付けられました。
ひとまずここでペタペタペタッとくっつけ収納してみました。
マグネット定規もついでにペタッとね♪
まだお試しに付けてみただけなので、作業の邪魔にならないかなどはこれから検証です。
そしてまだなんでも口に入れちゃう小さなお子様がいるご家庭では、マグネットはずして飲み込んでしまったら危険なので気を付けてくださいね。

2018/10/27 06:55 | ソーイング道具COMMENT(2)  TOP