Pearl in Heart

パターンレーベル コンフォートレディースシャツ♪

約1週間でシャツを縫ってみました。

なぜ縫ってみたかというと、実は今年私は勤続15年だそうで・・・。
一応先日他の方々と一緒に表彰を受けるという機会があったので、せっかくだし新しいシャツをその日に着ようと思いました。

作ったのはもう4着目になるパタレさんのコンフォートレディースシャツです。

コンフォートレディースシャツ

パターン:パターンレーベル コンフォートレディースシャツ Mサイズ
使用生地:お友達ビンゴさんからの頂き物のブルーのシャツ生地、C&S 海のブロード/ホワイト、天使のリネン/ブルー

ボタンが下ふたつ足りないのは付けるの間に合わなかったわけではなく、在庫のパタレさんオリジナルシェルボタンを確認したら2個足りなかったんです(;^_^A
またいつかパタレさんでパターンか副資材を注文するときに追加購入して付ける予定です(笑)

コンフォートレディースシャツ

今回は襟は丸襟です。
白い生地はC&Sさんの海のブロードのホワイトです。

コンフォートレディースシャツ

裏台襟は天使のリネンのブルーを使ってみました。
台襟だけ違うカラーやってみたかったんです♪

コンフォートレディースシャツ

袖口もホワイトで切り替え。

コンフォートレディースシャツ

カフス裏も天使のリネンでカラーを変えてみました。

コンフォートレディースシャツ

今回は後ろは初めてサイドタックにしてみました。

コンフォートレディースシャツ

畳んで置き画も♪

コンフォートレディースシャツ

着画です。
まあ着るのに支障はないだろうと思ったのですが、インしても見事にボタン足りてないところ見えちゃっているし(笑)
職場の制服はベストにスカートなので、このウエストは見えないから良しとします!

そして4着も作っているのですが、気になっているのは肩幅なんです。
どうも1日着用していると第2ボタンから肩くらいの場所にかけてしわが横に入っちゃうんです。
着画でもちょっとだけその傾向がでているかな、と。
ということはおそらく肩幅が少しだけ合っていないのかな~ということまでは察しが付くのですが、それをどうすればいいのかが素人にはわからないんですね。
そこで、先日お会いしたパターンを勉強したことがあるお友達のお友達に相談してみたというわけです。
でもパターンや実物を持って行っていなかったので、やはり詳細まではわからず、次回お会いするときにはパターンと実物を持参して見ていただいて、本当に私の体型に合ったジャストサイズのシャツにするためにはどう補正するといいのか、本格的に相談させてもらおうかと思っています♪
やっぱりせっかく作るのなら、完全に合っているサイズで作ってみたいですもんね。

母の顔?

2月から通い始めた長男くんのスポーツクラブで、母の日が近いのでこんな紙が配られて、母の似顔絵を描こうということだったので、描いてもらってみました。
長男くんが一応私の顔をよく見て観察して描いてくれたのですが、似ているのかどうかは謎です(笑)
とりあえずあるべき場所にちゃんと顔のパーツは収まっているから良くできたと思うことにします(^▽^)/

2018/04/30 09:49 | ハンドメイド大人服COMMENT(2)  TOP

ティッシュケース♪

先日の草木染め体験の時には、お友達が「きっと話が合いそうだからパターンの勉強したことがあるお友達も誘ってみるね」
と言ってくれて、そのお友達も一緒でした。

さらには誘ってくれたお友達はその方に事前に作りたいものがあるとリクエストしていて、草木染めの作業の合間にその小物作りもしました。

ティッシュケース

作ったのはティッシュケースです。
右の緑はその場でお友達の在庫生地で見本で作られたもの。
私が「私も作り方覚えて帰って、自宅でも自分用に作ってみようっと♪」と話していたら、
「じゃあ見本があった方がおさらいしやすいだろうから」と快く見本をくださったのです♪
左は、忘れないうちにと自宅の在庫生地で作ってみたもの。
生地はC&Sさんのオリジナルハーフリネンストライプです。

ティッシュケース

ボタンをはずすと内側はこうなっています。
わかりやすくちらっとティッシュ見せてみました。

ティッシュケース

さらに2か所のボタンをはずすと、ティッシュが見えます。
BOXティッシュの中身だけを適量入れて携帯できちゃうケースです。
よくハンドメイド作家さんでこのアイテム作られている方は見かけたけど、作り方まではわからなかったので、知ることができて良かった~♪
右の作品の内布はC&Sさんのドットミニヨン。
街中でいただくポケットティッシュは便利だけど、ちょっと広告が入っているものを人前で出して使うときに恥ずかしいと感じるシーン、たまにありますよね。
そんな時にこのケースから出す方が気分いいかな~なんて思いました(^▽^)/

作り方を教えてくれたお友達には、最近気になっていたパターンの疑問をお伝えして、ちょっと一緒に考えてもらったりもしました。
やっぱりパターンのお勉強していると、単に1か所の幅を延ばすだけではなく、そこを延ばすならあっちも調整しないとバランス悪くなるかも~なんて、私だけでは気が付かないことを教えていただけたりもしました。
パターンのこと知っていると、もっとソーイング楽しくなりそうだなぁ~といまさらながらお勉強したい気がしてきたリ♪
もっと『誌上パターン塾』をまずは熟読してみます!

2018/04/29 05:59 | ハンドメイド小物COMMENT(2)  TOP

草木染め初体験♪

昨日はこの4月末で育休復帰するお友達のお家に遊びに行かせていただいてきました~♪
お互いになかなか子どもなしでゆっくり会うことなんてできないので、やっぱりそんなことができるのは、この育休明け直前の保育園預け始めた平日のタイミングでないと難しいんですよね~
というわけで、有休頂いて、息子くんたちは小学校と保育園へそれぞれ行ってもらって、一人身軽に行動~♪

今回はお友達がお誘いしてくれた草木染め体験です。

お友達は育休中になんと染め物を始めたそうで、今回はお友達が他のお友達と行う予定だった染め物作業に私も混ぜてもらったのでした。
女子4人で作業スタートです。

草木染め

染め物体験はまず、染める物の模様付けから。
私は自宅にあったC&Sさんの海のブロードの生地をハンカチに仕立てて持参したものに、とりあえず輪ゴムやビー玉を使ってぐるぐるして巻いてみました。

草木染め

こちらはお友達がストックしている草木染め用の煮出した汁です。
3種類あって、右からタンポポ、ビワ、ヨモギです。

草木染め

草木染め

実際にこれが煮出したばかりのタンポポ。
お花の部分を摘んで、20分煮だして濾してを2回繰り返したものだそうです。
今回はこの煮出したばかりのタンポポを使わせてもらいました。

草木染め

水に浸して濡らして絞ってから媒染処理です。
この処理は後にする場合もあるようですが、今回は先に。
生地のグラム数に合った倍率のミョウバン液に約20分煮ながら浸けます。
手前の生地はお友達が以前草木染めをした生地で、一緒に染め直しをするため、色付きの生地になっています。
これは色止めの作業です。
草木染めはたんぱく質のあるウールやシルクなどの動物からの素材には染まりやすいのですが、コットンなどの植物からできている素材にはたんぱく質がないため染まりにくいということで、タンパク液(豆乳などのたんぱく質のある液)に浸ける作業をすることもあるそうです。

草木染め

タンポポとビワで染めることになりました。
手前がビワ液、奥がタンポポ液です。

草木染め

私はこちらのタンポポで染めることにしました。

草木染め

染めたい素材を浸して、ぐらぐらと煮出します。

草木染め

煮出している途中です。
ビワの方です。
煮出す前よりも液の色が薄くなり、生地の方に色が移っていることがわかります。

草木染め

タンポポの方です。
こちらも液の色が薄くなってます。

草木染め

20分経過。
さらに両方の液共に色が薄くなりました。

草木染め

生地を取り出して水洗いして、模様付けのために付けていた輪ゴムや糸などをはずします。

草木染め

そして広げた私のハンカチはちゃんとタンポポで染まりました~♪
コットンだからちょっと薄くなってしまうかな~と思ったけど、ちゃんと模様が分かるくらいには染まりました♪

草木染め
草木染め
草木染め
草木染め

タンポポで染めたお友達の作品です。
素材によって色の濃さも違うし、模様の出方もいろいろで面白いです。

草木染め
草木染め
草木染め

ビワで染めた作品です。
かわいい水玉模様とバックにはお子さん向けに人の形も♪
この模様はなみ縫いで縫ってから絞って模様をつけているそうです。
イメージ下よりは模様が付かなかったそうですが、みんなで模様を強調するように刺繍を後からしてみるのもきっと素敵になりそうだね、なんて話になりました。

草木染め
草木染め

お友達が以前染めたという作品も素敵でした♪
上の写真は何の植物だったかはせっかく聞いたのに忘れちゃいましたが、きれいな赤紫色です。
目の部分は大豆を中に入れて輪ゴムで巻いたそうです。
ちゃんと大豆のように楕円になってますね。
下の写真は藍で染めたもの。
上部分は本当の藍の葉から作った液で染めて、下部分は藍の粉末を使った液で染めているので濃さが違うそうです。
やっぱり藍のきれいな色もいいですね。

草木染めは薬品で染めている訳ではなく、自然の染めなので洗濯する度に色は抜けてしまうようではありますが、それもまた変化を楽しんで、うすくなったらまた違う染めをしてみたり、なんて楽しんでいくと良さそうです。

お友達は藍染もできるように藍の栽培も始めているそうで、育ったらまた一緒に染めたいね、なんて話しました。

植物でこんなにも自然にきれいな色が出るなんて驚きの体験でした!
草木染めの楽しさを体験させてくれたお友達に感謝です!
次回は玉ねぎの皮で染めてみようということにもなったので、今日からお料理で使った玉ねぎの皮は捨てずにストックするようにします(^▽^)/

2018/04/25 06:29 | お出かけCOMMENT(4)  TOP

クルール センターV開きニット♪

春物ニット計画、2着目何とか完成してます。

サンプルお取り寄せしてみた生地から作りました。

クルール センターV開きニット

パターン:クルール センターV開きニット
使用生地:コーマソフト天竺/すみれ

3月に確かこのパターンで1着目をマリンブルーで作ったのですが、とっても気に入ったので春カラーでもう1着♪

クルール センターV開きニット

リブ始末にすると失敗しそうなこのV開きもクルールさんのこのパターンならリブ始末ではなく、失敗なしできれいにV開き作れますね♪

クルール センターV開きニット

着画です。
合わせたのはパタレさんワイドパンツ。
最近デニムのワイドパンツ履いている方の着こなしがとっても素敵に見えて、このパターンでぜひデニムパンツ作りたいけど~いつになるかなぁ~(;^_^A
で、このニットですが2着目なのでサイズなどはもちろんわかっているのでぴったりで満足♪
このすみれ色があまり着たことないカラーなので、着ているとなんだか恥ずかしい気分になってしまいます(笑)
何度も着ていたら慣れてくるかな!?

ランドセルカバー

新年度にはC&Sさんのキットでランドセルカバーも作っていました。
長男くんのランドセルのサイズにもピッタリ!

ランドセルカバー

いいのできたわ~♪
と思って、新年度見送ったら、帰宅したらなぜかカバーが付いていない!
まさか1日で破損!?
と思って本人に聞いたら「つけなくていいから外した~付けない方がかっこいいから!」だそうです(;^_^A
我が家にはこのカバー必要なかったらしい。
せっかく作ったのに~!
どなたか必要な方、いらっしゃったらお譲りしようかしら?
なんて思ってます(;^_^A

あと迷っている職業用ミシン、メーカーの違いだけではなく、家庭用針と工業用針どちらにするかも迷いだして・・・。
まだまだ思案中です~

2018/04/23 05:27 | ハンドメイド大人服COMMENT(4)  TOP

巾着♪

週末は小物を縫いました。

それは巾着です。
姉から新年度で必要なコップ入れを用意するの忘れてた~と連絡がありまして。
かわいい姪っ子ちゃんのため、作りますよ~ということになりました。

巾着

巾着

パターン:パターンレーベル 入園・入学バッグセット/コップ袋
使用生地:右/NANATONEさんで購入の花柄コットン&キャスキッドソンのドット生地、左/naniIRO2009 MER ESSENCE TABLEAU SASA ソロモン

右は姪っ子ちゃんの保育園用でもう一つは一緒に頼まれた義兄のコップ入れ。
職場に持参する自作の陶器のコップを入れるためだそうです。
この渋さ、義兄は気に入ってくれたようなので良かった♪

でもこの巾着だとちょっと中に入れる陶器を守ってくれるのか、不安になり、もう一つ作ってみました。

巾着

巾着

大きさは一回りくらいは大きいものにして、素材は裏毛ニット生地です。
このニット生地はsnappylifeさんのキッチン柄プリントです。
数年前のお楽しみパックに入っていたもの。
この生地でずっと自分用のお弁当バッグを作ろうと思っているのですが、なかなか着手できず・・・。
でもこの巾着分くらい使ってもその余りでまだ目的のもの作れるくらいはあると見越して使いました。
ニット生地だとちょっと厚みがあるので安心しますね。

ミシン

そして先日、愛用の家庭用ミシンが最近どうしても調子がイマイチで、ジャノメミシンさんに出張修理に来ていただきました。
このミシン結婚するときに夫の母がお祝いを兼ねて購入してくれたもの。
もう10年くらい使っています。

ミシン

出張して見ていただいた結果、症状としては生地の送りが弱くなってしまった、ということなのですが、その原因は送り歯でした。
10年間使い続けて、送り歯の右側が摩耗して左右の高さが変わってしまっているとのこと。
ジャノメミシンさんには「もうこのミシンとしては使用の限界を超えたということでしょうね。ミシンも喜んでますよ。これだけ使われるなら職業用ミシン考えられた方がいいですよ」と言われちゃいました(;^_^A
送り歯以外にも下糸を巻くときにもうミシンが悲鳴を上げているような音が出るし、この機種はフットコントローラーではなくボタン式なのですが、そのボタンもきっと何千回または何万回?か押し続けて時折反応が悪く、思った位置で縫い留められなかったりします。
やっぱりそうか~いよいよ考えないといけない時が来たかな~と思って、今はどこのメーカーでどの機種にすべきか悩んでます。

ミシン

ジャノメミシンさんにはこの機種をおすすめされました。
縫い目がきれいで馬力もありますよ~とのことなんですが、職業用ミシンで検索するとJUKIを使用されている方が多いんですよね。
やっぱりデザイン的にはJUKIの方がシンプルだからかな~
このミシンに関しては、直営店やフランチャイズ店でのみ販売の機種のようで、使用されている方の感想などはあまり出てこないんですよね。
ジャノメミシンさんは「ご連絡いただければまたご自宅にこの機種お持ちして試しに縫っていただいてから考えていただいてもいいですよ~」なんて言っていただけて、それならどこかに出向かなくても実物を見て、試せる、という魅力に心揺れたり・・・。
このミシンのカタログを見た長男くんは先日初めてミシンを使っているので「これかっこいい!これにしようよ!僕も使うし!」となぜかノリノリです(笑)

巾着

巾着

そしてその修理の時にお試しで縫わせていただいたのが巾着でした。
ジャノメの家庭用の刺繍機能のあるコンピュータミシンであらかじめキルティング生地に刺繍されたもので簡単な巾着を縫わせていただきました。
最新の機種のミシン刺繍ってすごいですね!
パタレさんパターンの巾着は口部分を縫い残して開きを大きくするようにしていますが、この作り方は開きなしでそのまま縫ってしまってから紐通しをぐるっと縫ってしまい、両脇の縫い目を紐通し部分だけ縫い解くというもの。
この作り方なら子どもでも作りやすそうです♪
次に長男くんには巾着を挑戦させてみようかと思っているので、この作り方にしてみようと思います。
そしてその前に実際に自分でもやってみたのが上のニット素材での巾着です。
こんな作り方もありですね♪

さて、職業用ミシン、どうしようか悩みます~(;^_^A
いろんな方の職業用ミシンの購入レポなどを参考に読ませていただいて、よく検討してみようと思います!

2018/04/16 06:06 | ハンドメイド小物COMMENT(4)  TOP